【7月13日は、クローン病モジュールのお披露目!公開シンポジウムです】

こんにちは、DIPEx-Japanです。
いつも、「いいね!」を押してくださってありがとうございます。投稿の励みになっています。
きょうは、DIPEx-Japan初の”当事者によるプロジェクト”であるクローン病モジュール・リーダーの花岡さんからお知らせです。

=====================================

みなさまこんにちは。クローン病モジュールの担当をしております花岡です。
クローン病モジュールは5月末完成の予定でしたが、最後のウェブサイトへのアップのところで若干トラブルがあって、少し遅れています。しかし、遅くとも6月中旬には完成の予定であり、その後の7月13日には総会の後にシンポジウムを開催いたします。

このプロジェクトは、クローン病という難病を取り上げたこと、科研費や助成金ではなくディペックスの独自資金(寄付金)で行われたこと、そして、研究者ではなく当事者が責任者となって、研究者の視点とは異なる視点からのプロジェクトとなっていることなど、新しい試みが満載となっています。

また、インタビューでは多くの方から、外から見ただけではわからない慢性の病いを持ちながら就労することの苦労についてお話を伺いました。そこでお披露目のシンポジウムでは、対象をクローン病だけに限らずに、内部障害を抱える人々の就労をテーマに取り上げることにいたしました。是非多くの方にシンポジウムにご参加いただきたく、お知り合いの方にも声をかけていただくようお願いいたします。

=====記=====
タイトル:公開シンポジウム 病気があっても働きたい~患者の語りが職場を変える
日時;2019年7月13日(土) 13:00~16:40
場所:全労連会館2階ホール
http://www.zenrouren-kaikan.jp/kaigi.html
参加費:1000円(ディペックス・ジャパンの正会員は500円)
申込み方法:ホームページwww.dipex-j.org または、メール 
fourm2019@dipex-j.org

 

=====================================

ぜひ、7月13日は、会場へ足をお運びください。
また、こちらのページをご自身のタイムラインでシェアして頂けたら幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

東京都の認定延長が認められました!

こんにちは、DIPEx-Japanです。
いつも、「いいね!」を押してくださってありがとうございます。投稿の励みになっています。
きょうは、DIPEx-Japan初の”当事者によるプロジェクト”であるクローン病モジュール・リーダーの花岡さんからお知らせです。

=====================================

みなさまこんにちは。クローン病モジュールの担当をしております花岡です。
クローン病モジュールは5月末完成の予定でしたが、最後のウェブサイトへのアップのところで若干トラブルがあって、少し遅れています。しかし、遅くとも6月中旬には完成の予定であり、その後の7月13日には総会の後にシンポジウムを開催いたします。

このプロジェクトは、クローン病という難病を取り上げたこと、科研費や助成金ではなくディペックスの独自資金(寄付金)で行われたこと、そして、研究者ではなく当事者が責任者となって、研究者の視点とは異なる視点からのプロジェクトとなっていることなど、新しい試みが満載となっています。

また、インタビューでは多くの方から、外から見ただけではわからない慢性の病いを持ちながら就労することの苦労についてお話を伺いました。そこでお披露目のシンポジウムでは、対象をクローン病だけに限らずに、内部障害を抱える人々の就労をテーマに取り上げることにいたしました。是非多くの方にシンポジウムにご参加いただきたく、お知り合いの方にも声をかけていただくようお願いいたします。

=====記=====
タイトル:公開シンポジウム 病気があっても働きたい~患者の語りが職場を変える
日時;2019年7月13日(土) 13:00~16:40
場所:全労連会館2階ホール
http://www.zenrouren-kaikan.jp/kaigi.html
参加費:1000円(ディペックス・ジャパンの正会員は500円)
申込み方法:ホームページwww.dipex-j.org または、メール 
fourm2019@dipex-j.org

 

=====================================

ぜひ、7月13日は、会場へ足をお運びください。
また、こちらのページをご自身のタイムラインでシェアして頂けたら幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

「障害学生の語り」でインタビューを受けて下さる方を募集しています

こんにちは、DIPEx-Japanです。
いつも、「いいね!」を押してくださってありがとうございます。投稿の励みになっています。
きょうは、DIPEx-Japan初の”当事者によるプロジェクト”であるクローン病モジュール・リーダーの花岡さんからお知らせです。

=====================================

みなさまこんにちは。クローン病モジュールの担当をしております花岡です。
クローン病モジュールは5月末完成の予定でしたが、最後のウェブサイトへのアップのところで若干トラブルがあって、少し遅れています。しかし、遅くとも6月中旬には完成の予定であり、その後の7月13日には総会の後にシンポジウムを開催いたします。

このプロジェクトは、クローン病という難病を取り上げたこと、科研費や助成金ではなくディペックスの独自資金(寄付金)で行われたこと、そして、研究者ではなく当事者が責任者となって、研究者の視点とは異なる視点からのプロジェクトとなっていることなど、新しい試みが満載となっています。

また、インタビューでは多くの方から、外から見ただけではわからない慢性の病いを持ちながら就労することの苦労についてお話を伺いました。そこでお披露目のシンポジウムでは、対象をクローン病だけに限らずに、内部障害を抱える人々の就労をテーマに取り上げることにいたしました。是非多くの方にシンポジウムにご参加いただきたく、お知り合いの方にも声をかけていただくようお願いいたします。

=====記=====
タイトル:公開シンポジウム 病気があっても働きたい~患者の語りが職場を変える
日時;2019年7月13日(土) 13:00~16:40
場所:全労連会館2階ホール
http://www.zenrouren-kaikan.jp/kaigi.html
参加費:1000円(ディペックス・ジャパンの正会員は500円)
申込み方法:ホームページwww.dipex-j.org または、メール 
fourm2019@dipex-j.org

 

=====================================

ぜひ、7月13日は、会場へ足をお運びください。
また、こちらのページをご自身のタイムラインでシェアして頂けたら幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

【「慢性の痛み」公開シンポジウムの様子が動画で公開されました!!】

こんにちは、DIPEx-Japanです。
いつも、「いいね!」を押してくださってありがとうございます。投稿の励みになっています。
きょうは、DIPEx-Japan初の”当事者によるプロジェクト”であるクローン病モジュール・リーダーの花岡さんからお知らせです。

=====================================

みなさまこんにちは。クローン病モジュールの担当をしております花岡です。
クローン病モジュールは5月末完成の予定でしたが、最後のウェブサイトへのアップのところで若干トラブルがあって、少し遅れています。しかし、遅くとも6月中旬には完成の予定であり、その後の7月13日には総会の後にシンポジウムを開催いたします。

このプロジェクトは、クローン病という難病を取り上げたこと、科研費や助成金ではなくディペックスの独自資金(寄付金)で行われたこと、そして、研究者ではなく当事者が責任者となって、研究者の視点とは異なる視点からのプロジェクトとなっていることなど、新しい試みが満載となっています。

また、インタビューでは多くの方から、外から見ただけではわからない慢性の病いを持ちながら就労することの苦労についてお話を伺いました。そこでお披露目のシンポジウムでは、対象をクローン病だけに限らずに、内部障害を抱える人々の就労をテーマに取り上げることにいたしました。是非多くの方にシンポジウムにご参加いただきたく、お知り合いの方にも声をかけていただくようお願いいたします。

=====記=====
タイトル:公開シンポジウム 病気があっても働きたい~患者の語りが職場を変える
日時;2019年7月13日(土) 13:00~16:40
場所:全労連会館2階ホール
http://www.zenrouren-kaikan.jp/kaigi.html
参加費:1000円(ディペックス・ジャパンの正会員は500円)
申込み方法:ホームページwww.dipex-j.org または、メール 
fourm2019@dipex-j.org

 

=====================================

ぜひ、7月13日は、会場へ足をお運びください。
また、こちらのページをご自身のタイムラインでシェアして頂けたら幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

「慢性の痛み」の語りの公開シンポが、東京新聞に取り上げられました!

こんにちは、DIPEx-Japanです。
いつも、「いいね!」を押してくださってありがとうございます。投稿の励みになっています。
きょうは、DIPEx-Japan初の”当事者によるプロジェクト”であるクローン病モジュール・リーダーの花岡さんからお知らせです。

=====================================

みなさまこんにちは。クローン病モジュールの担当をしております花岡です。
クローン病モジュールは5月末完成の予定でしたが、最後のウェブサイトへのアップのところで若干トラブルがあって、少し遅れています。しかし、遅くとも6月中旬には完成の予定であり、その後の7月13日には総会の後にシンポジウムを開催いたします。

このプロジェクトは、クローン病という難病を取り上げたこと、科研費や助成金ではなくディペックスの独自資金(寄付金)で行われたこと、そして、研究者ではなく当事者が責任者となって、研究者の視点とは異なる視点からのプロジェクトとなっていることなど、新しい試みが満載となっています。

また、インタビューでは多くの方から、外から見ただけではわからない慢性の病いを持ちながら就労することの苦労についてお話を伺いました。そこでお披露目のシンポジウムでは、対象をクローン病だけに限らずに、内部障害を抱える人々の就労をテーマに取り上げることにいたしました。是非多くの方にシンポジウムにご参加いただきたく、お知り合いの方にも声をかけていただくようお願いいたします。

=====記=====
タイトル:公開シンポジウム 病気があっても働きたい~患者の語りが職場を変える
日時;2019年7月13日(土) 13:00~16:40
場所:全労連会館2階ホール
http://www.zenrouren-kaikan.jp/kaigi.html
参加費:1000円(ディペックス・ジャパンの正会員は500円)
申込み方法:ホームページwww.dipex-j.org または、メール 
fourm2019@dipex-j.org

 

=====================================

ぜひ、7月13日は、会場へ足をお運びください。
また、こちらのページをご自身のタイムラインでシェアして頂けたら幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

チャリティイベント開催報告:次回は、10月6日です!

こんにちは、DIPEx-Japanです。
いつも、「いいね!」を押してくださってありがとうございます。投稿の励みになっています。
きょうは、DIPEx-Japan初の”当事者によるプロジェクト”であるクローン病モジュール・リーダーの花岡さんからお知らせです。

=====================================

みなさまこんにちは。クローン病モジュールの担当をしております花岡です。
クローン病モジュールは5月末完成の予定でしたが、最後のウェブサイトへのアップのところで若干トラブルがあって、少し遅れています。しかし、遅くとも6月中旬には完成の予定であり、その後の7月13日には総会の後にシンポジウムを開催いたします。

このプロジェクトは、クローン病という難病を取り上げたこと、科研費や助成金ではなくディペックスの独自資金(寄付金)で行われたこと、そして、研究者ではなく当事者が責任者となって、研究者の視点とは異なる視点からのプロジェクトとなっていることなど、新しい試みが満載となっています。

また、インタビューでは多くの方から、外から見ただけではわからない慢性の病いを持ちながら就労することの苦労についてお話を伺いました。そこでお披露目のシンポジウムでは、対象をクローン病だけに限らずに、内部障害を抱える人々の就労をテーマに取り上げることにいたしました。是非多くの方にシンポジウムにご参加いただきたく、お知り合いの方にも声をかけていただくようお願いいたします。

=====記=====
タイトル:公開シンポジウム 病気があっても働きたい~患者の語りが職場を変える
日時;2019年7月13日(土) 13:00~16:40
場所:全労連会館2階ホール
http://www.zenrouren-kaikan.jp/kaigi.html
参加費:1000円(ディペックス・ジャパンの正会員は500円)
申込み方法:ホームページwww.dipex-j.org または、メール 
fourm2019@dipex-j.org

 

=====================================

ぜひ、7月13日は、会場へ足をお運びください。
また、こちらのページをご自身のタイムラインでシェアして頂けたら幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

【7月28日は、DIPExチャリティイベントです!】

こんにちは、DIPEx-Japanです。
いつも、「いいね!」を押してくださってありがとうございます。投稿の励みになっています。
きょうは、DIPEx-Japan初の”当事者によるプロジェクト”であるクローン病モジュール・リーダーの花岡さんからお知らせです。

=====================================

みなさまこんにちは。クローン病モジュールの担当をしております花岡です。
クローン病モジュールは5月末完成の予定でしたが、最後のウェブサイトへのアップのところで若干トラブルがあって、少し遅れています。しかし、遅くとも6月中旬には完成の予定であり、その後の7月13日には総会の後にシンポジウムを開催いたします。

このプロジェクトは、クローン病という難病を取り上げたこと、科研費や助成金ではなくディペックスの独自資金(寄付金)で行われたこと、そして、研究者ではなく当事者が責任者となって、研究者の視点とは異なる視点からのプロジェクトとなっていることなど、新しい試みが満載となっています。

また、インタビューでは多くの方から、外から見ただけではわからない慢性の病いを持ちながら就労することの苦労についてお話を伺いました。そこでお披露目のシンポジウムでは、対象をクローン病だけに限らずに、内部障害を抱える人々の就労をテーマに取り上げることにいたしました。是非多くの方にシンポジウムにご参加いただきたく、お知り合いの方にも声をかけていただくようお願いいたします。

=====記=====
タイトル:公開シンポジウム 病気があっても働きたい~患者の語りが職場を変える
日時;2019年7月13日(土) 13:00~16:40
場所:全労連会館2階ホール
http://www.zenrouren-kaikan.jp/kaigi.html
参加費:1000円(ディペックス・ジャパンの正会員は500円)
申込み方法:ホームページwww.dipex-j.org または、メール 
fourm2019@dipex-j.org

 

=====================================

ぜひ、7月13日は、会場へ足をお運びください。
また、こちらのページをご自身のタイムラインでシェアして頂けたら幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

【7月1日はNEWモジュール:「慢性の痛みの語り」公開記念シンポジウムです!】

こんにちは、DIPEx-Japanです。
いつも、「いいね!」を押してくださってありがとうございます。投稿の励みになっています。
きょうは、DIPEx-Japan初の”当事者によるプロジェクト”であるクローン病モジュール・リーダーの花岡さんからお知らせです。

=====================================

みなさまこんにちは。クローン病モジュールの担当をしております花岡です。
クローン病モジュールは5月末完成の予定でしたが、最後のウェブサイトへのアップのところで若干トラブルがあって、少し遅れています。しかし、遅くとも6月中旬には完成の予定であり、その後の7月13日には総会の後にシンポジウムを開催いたします。

このプロジェクトは、クローン病という難病を取り上げたこと、科研費や助成金ではなくディペックスの独自資金(寄付金)で行われたこと、そして、研究者ではなく当事者が責任者となって、研究者の視点とは異なる視点からのプロジェクトとなっていることなど、新しい試みが満載となっています。

また、インタビューでは多くの方から、外から見ただけではわからない慢性の病いを持ちながら就労することの苦労についてお話を伺いました。そこでお披露目のシンポジウムでは、対象をクローン病だけに限らずに、内部障害を抱える人々の就労をテーマに取り上げることにいたしました。是非多くの方にシンポジウムにご参加いただきたく、お知り合いの方にも声をかけていただくようお願いいたします。

=====記=====
タイトル:公開シンポジウム 病気があっても働きたい~患者の語りが職場を変える
日時;2019年7月13日(土) 13:00~16:40
場所:全労連会館2階ホール
http://www.zenrouren-kaikan.jp/kaigi.html
参加費:1000円(ディペックス・ジャパンの正会員は500円)
申込み方法:ホームページwww.dipex-j.org または、メール 
fourm2019@dipex-j.org

 

=====================================

ぜひ、7月13日は、会場へ足をお運びください。
また、こちらのページをご自身のタイムラインでシェアして頂けたら幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

3月31日のチャリティボウリング大会のお知らせです

こんにちは、DIPEx-Japanです。
いつも、「いいね!」を押してくださってありがとうございます。投稿の励みになっています。
きょうは、DIPEx-Japan初の”当事者によるプロジェクト”であるクローン病モジュール・リーダーの花岡さんからお知らせです。

=====================================

みなさまこんにちは。クローン病モジュールの担当をしております花岡です。
クローン病モジュールは5月末完成の予定でしたが、最後のウェブサイトへのアップのところで若干トラブルがあって、少し遅れています。しかし、遅くとも6月中旬には完成の予定であり、その後の7月13日には総会の後にシンポジウムを開催いたします。

このプロジェクトは、クローン病という難病を取り上げたこと、科研費や助成金ではなくディペックスの独自資金(寄付金)で行われたこと、そして、研究者ではなく当事者が責任者となって、研究者の視点とは異なる視点からのプロジェクトとなっていることなど、新しい試みが満載となっています。

また、インタビューでは多くの方から、外から見ただけではわからない慢性の病いを持ちながら就労することの苦労についてお話を伺いました。そこでお披露目のシンポジウムでは、対象をクローン病だけに限らずに、内部障害を抱える人々の就労をテーマに取り上げることにいたしました。是非多くの方にシンポジウムにご参加いただきたく、お知り合いの方にも声をかけていただくようお願いいたします。

=====記=====
タイトル:公開シンポジウム 病気があっても働きたい~患者の語りが職場を変える
日時;2019年7月13日(土) 13:00~16:40
場所:全労連会館2階ホール
http://www.zenrouren-kaikan.jp/kaigi.html
参加費:1000円(ディペックス・ジャパンの正会員は500円)
申込み方法:ホームページwww.dipex-j.org または、メール 
fourm2019@dipex-j.org

 

=====================================

ぜひ、7月13日は、会場へ足をお運びください。
また、こちらのページをご自身のタイムラインでシェアして頂けたら幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

乳がんメインリサーチャーの射場典子さんの記事のご紹介

こんにちは、DIPEx-Japanです。
いつも、「いいね!」を押してくださってありがとうございます。投稿の励みになっています。
きょうは、DIPEx-Japan初の”当事者によるプロジェクト”であるクローン病モジュール・リーダーの花岡さんからお知らせです。

=====================================

みなさまこんにちは。クローン病モジュールの担当をしております花岡です。
クローン病モジュールは5月末完成の予定でしたが、最後のウェブサイトへのアップのところで若干トラブルがあって、少し遅れています。しかし、遅くとも6月中旬には完成の予定であり、その後の7月13日には総会の後にシンポジウムを開催いたします。

このプロジェクトは、クローン病という難病を取り上げたこと、科研費や助成金ではなくディペックスの独自資金(寄付金)で行われたこと、そして、研究者ではなく当事者が責任者となって、研究者の視点とは異なる視点からのプロジェクトとなっていることなど、新しい試みが満載となっています。

また、インタビューでは多くの方から、外から見ただけではわからない慢性の病いを持ちながら就労することの苦労についてお話を伺いました。そこでお披露目のシンポジウムでは、対象をクローン病だけに限らずに、内部障害を抱える人々の就労をテーマに取り上げることにいたしました。是非多くの方にシンポジウムにご参加いただきたく、お知り合いの方にも声をかけていただくようお願いいたします。

=====記=====
タイトル:公開シンポジウム 病気があっても働きたい~患者の語りが職場を変える
日時;2019年7月13日(土) 13:00~16:40
場所:全労連会館2階ホール
http://www.zenrouren-kaikan.jp/kaigi.html
参加費:1000円(ディペックス・ジャパンの正会員は500円)
申込み方法:ホームページwww.dipex-j.org または、メール 
fourm2019@dipex-j.org

 

=====================================

ぜひ、7月13日は、会場へ足をお運びください。
また、こちらのページをご自身のタイムラインでシェアして頂けたら幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。