インタビュー内容テキスト

そうですね、ま、大腸がんの検診には、あの、便の潜血検査というのがあるんですけれども、一応、えー、実際の大腸がんのオペをしたのは、去年、一昨年の、ん? ちょっと待ってね、…そうだね、一昨年の9月ですね。えー、2010年ですか、うん。ですけど、その前、えー、3年前から、2008年からですかね、便の潜血検査で一応陽性が出ておりました。で、通常ですと、便の潜血検査で陽性というふうになると、まあ1次検診ですから、2次検診に向けて精密検診ということで、かからなければいけないんですけれども、えー、まあ、ちょっと忙しいということもあるし、めんどくさいということもあるし、まあヘモであろうという、自分の勝手な思い込みもあるし、がんになるはずがないという、えー、自分の希望というか、まあ、思い込みというか、まあそれもありましたし、それ以外については、これといった症状、えー、例えば便通が悪くなるとか、そういうこともありませんでしたので、丸2年半、約3年ですね、えー、放置しておりました。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言