※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー18

診断時:59歳
インタビュー時:61歳(2012年6月)
男性・首都圏在住。医療関係の仕事に従事。2008年に職域健診で受けた便潜血検査で陽性反応が出たが、自覚症状もなく、仕事の忙しさや面倒との思いから精密検査を受けなかった。しかし、2010年に体調の異変に気づき、貧血検査をしたところ、通常の半分の値しかなかったため、すぐに精密検査を受け、大腸に進行性のがんが見つかった。腹腔鏡手術と抗がん剤治療を受ける。現在は仕事や趣味に多忙な日々を送っている。

詳しいプロフィールを見る

――その、内視鏡検査を受けられたと思うんですけれども、 内視鏡検査を受けられるのは今回が初めてで。

あ、初めてです、ええ。まったく初めてですね、下部消化管に関しては。はい。

―― 何かこう、あのー、よく、えーと、痛いとか、怖そうとか。

あ、それはないですね、うん。あのー、10年前、20年前ならいざ知らず、今はファイバースコープがもう、格段に材料が良くなってますから。あの、細くもなってますし、それは全然。あの、ただ…、そうですね、まこれは、こんなこと言うと変ですけど(笑)、えー、ま、自分が勝手に作った家訓で女性におしりの穴を見せてもいいけど、男性には見せちゃいけないと。えー、そういう勝手な家訓を自分で作ってましたんでね、ま、それを言い訳にして避けてましたね、うん。

―― それはやっぱり、ちょっとどっか、こう、恥ずかしいというか。

あ、そうです、もちろんもちろん、うん。やっぱ羞恥心が先に立ちますよね、うん。は、もう、男性、女性限らず、たぶんそうでしょうけど、特に女性の場合は特にそっちのほうが、羞恥心は強いと思いますからね、うん。

―― ま、でも、今回はちょっとそうは言ってられないということで。

そうですね。その、データ自体に、それじゃいけないよっていうデータが前日出てますから、もうすぐにその場でちょっと予約入れて3日目には精密検査して、うん。で、その次の週ですからね、オペしたのが、ええ。シャッシャッシャッとこう、やってもらいましたんで、はい。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12128 (17) { ["term_id"]=> int(14) ["name"]=> string(51) "精密検査(二次検診)を受けない理由" ["slug"]=> string(8) "seikenno" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(16) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(10) ["count"]=> int(16) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "5" ["cat_ID"]=> int(14) ["category_count"]=> int(16) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(51) "精密検査(二次検診)を受けない理由" ["category_nicename"]=> string(8) "seikenno" ["category_parent"]=> int(10) } }
同じテーマの語りを見る