インタビュー内容テキスト

バリウム、注腸っていうやつですか。それから、あのー、このエコー、CT、そんだけかな、レントゲンも2回か、何か心電図も撮ったり、あ、それは、もうあれかな、あの、手術のための、あれかな、あのー、準備のためやったか…です。

―― はい。

あのー、注腸いうのもつらかったですね。あのー、後ろ・・・下から入れて、ゴロゴロゴロゴロ鳴っているの我慢さされて、「もういいですよ」言うたら、もうトイレまでが、そこだけど、なかなかつらかった。ほんとに苦しかったですね、あれもね、うん。

―― 注腸検査っていうのは、下から入れて。

何か、バリウムを入れる。で、まだ、足らんからもうちょっと入れましょうかって、ゴボコボって、こう、中へ入れられる。で、横向けたり、こう、何か、胃カメラ(正しくはバリウム検査)の、あのー、大腸版みたいなやつ。あれも、結構苦しかったですね。で、逆さにはならないけど、斜めになって、逆さにもなったん違うかな。こう、あちこち診るためにね。あれもきつかったし。それで、その、CTでは、今度、あのー、アレルギーというか、あのー、ちょっと、こう、むかっと吐き気がして、その…終わりかけに。で、出てから「大丈夫ですか」と言われて、「ちょっとしんどいね」言うて、ほんな、「しばらく、そこで休んでいなさい」言われて、休んでましたけどね。ほんなら、今度、あのー、かゆくなってきて。あのー、…肌に湿疹みたいなのが出て、ほんで、で、そ、それで、どこやったかな、あ、そうだ、採血するとこに、あのー、ベットみたいなんがあるんですよね。そこでしばらく、あのー、寝ていました。1時間ほど寝てたかな。で、それすんでから、気分が、まあ、ましになったんで、帰りましたけどね。あ、それは、まだ、だから入院前ですね。うん、そのCTの検査は。だから帰ってから、また、夜、…こう、もう1回かゆくなって、うん、ちょっとアレルギーがあることは分かりました。

―― うん、それまでに、何かお薬飲んだりアレルギーになったっていうことはなかった。

なかったですね、うん、今回初めて。

―― じゃ、驚かれましたよね、どうですか。

いやあ、それも軽かったんですね。ただ、あのー、そういうアレルギーが出る、1回出ると、次は何かんときに、あのー、こう、大変なことになるかも分からないから、例えば、交通事故で、どっかへ運ばれても、そういう造影剤はやめてくれって自分で言わなあかんと、あのー、お医者さんに、医者というか、技師、あのー、現場、技師の人には言われましたけどね、うん。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言