※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:62歳
インタビュー時:63歳(2012年11月)

関西地方在住。会社勤務を経て喫茶店経営をしていたが、大腸がんに罹ったのを機に辞めた。肛門からの出血で大腸がんを疑い、インターネットの検診を申し込んだ。潜血反応が出ており、医師の診察を要すると書いてあったので、すぐに近所のかかりつけ医に行き、総合病院を紹介してもらった。内視鏡検査を受けてポリープを切除、後日がんだとわかって手術を受けた。再発や転移はなく、現在は食事や運動など日常の生活に気を配りながら、元気に過ごしている。

―― インターネットの検診を受けられたということなんですけれども、まだ、それご存知でない方も多いと思うんですが。えー、それは、もともと、インターネットの検診どうして受けようと思われましたか。

やっぱし、近所のお医者さんへ行って、何か、大腸がんの検査するいうのも、何か、ちょっと仕事していましたんで、あのー、面倒くさいいうのもあって、インターネットで取り寄せればキットを取り寄せて、それを送れば、また郵送で、あるいはメールで返事がくるという、手軽だと思ったんで、そちらのほうを、あれは、…そういう、…サイトがあるんですね。そこで調べて、あのー、検査んとこを…出したら、会社名があって、そこへ申し込み書を送ってもらった、そこから送ってもらったんですね、はい。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧