※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:62歳
インタビュー時:63歳(2012年11月)

関西地方在住。会社勤務を経て喫茶店経営をしていたが、大腸がんに罹ったのを機に辞めた。肛門からの出血で大腸がんを疑い、インターネットの検診を申し込んだ。潜血反応が出ており、医師の診察を要すると書いてあったので、すぐに近所のかかりつけ医に行き、総合病院を紹介してもらった。内視鏡検査を受けてポリープを切除、後日がんだとわかって手術を受けた。再発や転移はなく、現在は食事や運動など日常の生活に気を配りながら、元気に過ごしている。

最初、内視鏡のときは、下剤、あれが、苦しかったですね。前の日、3日前ぐらいから、食事、決められたものを食べて、前の日の晩ぐらいから下剤が入って。で、また当日朝から2リットルぐらい、何か水みたいなもの飲まされて、その状態で病院へ行かないかん。途中でまた危なくなったらどうしょうとか、全部出てなかったらとか。だから、お、おしめを買っておいたほうがいいかと思って、スーパーでおしめまで買ったのかな。結局使わなかったですけどね。うーん、怖かったですね。途中で、朝から出して、全部出してから来なさい、話やったけども。全部出ているかどうか分からへんからね。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧