プロフィール

インタビュー39

ゴッドフリー
事故当時:63歳
インタビュー時:77歳
総合診療医/大学教師。既婚、2子あり(1人は死亡)。 1995年、息子のエイドリアンは、列車に乗ろうとして致命的な外傷を受けた。何が起こったのか、詳細な情報を求めたが拒否され、審問では事故と評決された。怖ろしい悲劇だったが、いまも前向きな姿勢でこれに立ち向かっている。

詳しいプロフィールを見る

語りの内容(テキストのみ)

考えてみると、当たり前のことですが妻も私も息子も今までこの様な喪失を経験したことはなかったと思うのです。息子が亡くなったその時点におけるトラウマだと認識することが大事だと思うのです、つまり簡単に言ってしまえば、過去は乗り越えられる、そういうことに気付くのが大事ではないかと思うのです。エイドリアンの死後すぐに、人生はもう二度と同じにはならないといった感覚を持ちました。多くの点でそれはもうまったく違ったものになっています。ある場面では、決まって息子がいないことを特に寂しく思います。例えばクリスマスのように、家族がそろって顔を合わせる時など。その席にいる筈のメンバーがいないのに、それでも人生は続いていく。しかし、人生は再構築できるのです。そのように前向きな姿勢をとるということは、私たち夫婦にしてみればとても重要なことです。私たちのこれからの人生において、過去の悲劇によって人生に対して否定的な感情を持たないようにすることはとても重要であると心に決めたのです。そのためには、前向きな姿勢というのは確実に支えになり得ます。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12179 (17) { ["term_id"]=> int(46) ["name"]=> string(42) "故人のいない生活に慣れること" ["slug"]=> string(31) "adjusting-life-without-deceased" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(46) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(45) ["count"]=> int(8) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "0" ["cat_ID"]=> int(46) ["category_count"]=> int(8) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(42) "故人のいない生活に慣れること" ["category_nicename"]=> string(31) "adjusting-life-without-deceased" ["category_parent"]=> int(45) } }
同じテーマの語りを見る