※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:59歳
インタビュー時:66歳(2012年12月)

東海地方在住。妻と二人暮らし。36歳のときに胃がんと診断され、手術を受けた。59歳のとき下血があり、痔だろうと思ってしばらく放っておいたが、やはり気になるので人間ドックを受診したところ入院となり、検査の結果、腸にがんが見つかる。胃がんの手術後は苦しんだが、大腸がんの手術はとても楽で術後の痛みもなかった。その後は病院で定期的に検査をしてもらい、また自分でも普段から体調の変化には注意している。

えっとね、まったくね、もうがん(30代の頃の胃がん)を忘れていた時期だったですから、その、これもやっぱり自覚症状っていうのがあって行ったわけじゃないんですけども。あの…血が出たっていう、下血したということがちょっと気になりまして。それで、あの…最初は痔だろうと思って1ヶ月ぐらい放っておいたんですけど、やっぱり気になったんで、健康診断を、人間ドックに入る日程を取って、そして診てもらおうということで。それまではあの、普通の検査をやっていたんですよ、健康診断を。だけど、それではまったく分からなくって、まあ、人間ドックに入ってみないといかんなと思って、自分で人間ドック取って入って、結果、すぐに通知が来まして。まあ、土曜日でしたけどもすぐ来てくださいと言われて。行ったら、まあちょっと異常があるんでっていうことで、入院してほしいということで、即入院ということでね。

―― あの、まあ、便潜血検査で陽性反応が出て、精密検査を受けなきゃいけないといったときに、カメラを入れるのがちょっと怖いとか、あとは、なんかお尻を見られるのが恥ずかしいとかって言って精密検査を受けない方もいらっしゃるんですけども。

でしょうね。

―― 実際に、あの、その、カメラを入れるのとかっていうのはどうでしたか。

うーんとね、入れてしまえばね、それほどもないんですけど、やっぱりちょっと、気持ちが悪いというか恥ずかしいだとか、どんなんするんだろうとかね、そういう心配はありましたね、やっぱり。だけど、まあ、僕の場合はもう、既になんかおかしいって相当言われたもんですから、まあ、やらないとしょうがないなっていう。まあ、できればやりたくないと。その前に、腸閉塞になったときに一度、あの、注腸検査っていうんですかね、バリウムをお尻のほうから入れるのをやったんですが、あれもね、気持ち悪かったしね。あれでも嫌だったですね、ずいぶん。お腹、ガーッと張ってね。だから、まあ、そうやりたいもんではないだけども、意外と昔と比べたら、少しはだんだん、うまくやれるようになってきて、あんまりそういう、気を使わなくても済むようになってきてるのかもしれませんけどね、今は。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧