※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:59歳
インタビュー時:66歳(2012年12月)

東海地方在住。妻と二人暮らし。36歳のときに胃がんと診断され、手術を受けた。59歳のとき下血があり、痔だろうと思ってしばらく放っておいたが、やはり気になるので人間ドックを受診したところ入院となり、検査の結果、腸にがんが見つかる。胃がんの手術後は苦しんだが、大腸がんの手術はとても楽で術後の痛みもなかった。その後は病院で定期的に検査をしてもらい、また自分でも普段から体調の変化には注意している。

―― 精密検査をしてポリープと。このポリープと腫瘍が両方見つかったということなんですか。

えー、あの、両方見付けて、医者は見付けてたんですが、まあ、両方とも細胞を取ってるんで、結局両方ともがんだったんですよね。ただ、両方なってるよと言うと、かなりショックが強いと思ったせいか、内視鏡でポリープを取っておきますという、簡単な最初説明で。直腸のほうだけは。で、大腸のほうは、まあ、以前腸閉塞もやってますんで、癒着してるから、全部癒着を取らないかんので、まず。で、癒着を取るためにはお腹を切らないと取れないから、あの…腹腔鏡というんですかね、ああいうものではできないということで。そういうもんでできんか、という話をしたんですけど、とてもじゃないけどそういうもんではいかん、と。で、全部腸を、だから、たらいの中に出したみたいです。全部、腸を。うちの家内が見てたんで、そう言ってました。そこに全部出して、それでずっとこう癒着部分を切って。電気メスで。それで大腸を取ったという。

―― そうですか。

癒着…ねえ、まあ、確かに、一回空気に触れさせると癒着しやすいらしいですね。何度もありましたもんね。一番ひどいときに一回入院したんですけども。まあ、そういう傾向があったんで。経過があったんで、切ってやらないといかんよ、と。で、結局は、直腸も切らないかんもんで、どっちみちお腹を切らないとできないよという話だったんです。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧