※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時:61歳(2012年3月)

首都圏在住。35歳の時から人間ドックを受けているが、その中に検便が入っている。これまでポリープを含めて大腸の病気になったことはないが、一度検便で所見が出て注腸検査をしたことはある。その時には検査に失敗して中断し、それ以来これといった異常もない状態が続いている。独身で暮らしてきたので、民間の医療保険は最低限しかかけていない。その分、人間ドックは充実した内容で受けている。

―― まあ、あの、今までずっと順調にこられてきてよかったと思うんですけども、まあ何か所見が出て、内視鏡検査受けたらどうですかと言われたらもう。

それはやります。嫌だけどやります。実は私も胃、えーと、十二指腸潰瘍は結構何度もあって、本当は人間ドックはバリウムだけで終わるんですけれども、バリウムが、あの、バリウムをやってすぐいっつもその後に、あのー、えーと、胃カメラという形になってしまうので、もうここ、そうですね、10年になるか分からないんですけども、胃カメラをさんざんのむのが下手なので、もうバリウムは飲まないで胃カメラを、あの、やっていただくように別途、あの、私のほうでその人間ドックのときにしてもらっているんですね。二度やるのが嫌なので、もう胃カメラ、胃カメラで済むんだったらもう、それでも胃カメラものむのが結構つらいほうなので、あのー、麻酔というかちょっと精神安定剤みたいなもの、ちょっと眠ってる間にみたいなものをやったの、やるようになったので、すごく今は楽になって。だけど、ちゃんとやってもらえるからいいかなとは思っているんですね。だから、注腸じゃなくって今は、あの……、なん、注腸じゃなくて。

―― 内視鏡。

内視鏡でやるという。

―― 胃と同じですね。

同じですよね。そしたら、きっと内視鏡やることにするのは同意すると思います。はっきりさせたほうがやはり自分、あの、時間を置くのって良くないとは思うので、なるべく早く結果を。どきどきしてる間がもう、自分としては健康に良くないし、ということで割とその、言われたらすぐやる。心配なのは嫌じゃないですか。なので、それはやると思います。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧