診断時:32歳
インタビュー時:42歳

1991年に乳がんの診断。乳房温存手術、放射線療法、化学療法。

語りの内容(テキストのみ)

でも化学療法を受けたとき、妊娠できなくなる可能性があるって忠告を受けて、すごく気持ちが乱れたわ。たとえそうだとしても、妊娠できるかどうか知りたいといつも考えていたの。だけど病院の人たちが「ええ、おそらく妊娠できないでしょうし、治療によって更年期が始まる可能性があります」と言ったとき、私の更年期はもうすぐにでも始まるように思えたわ。そして2年前、いいえ今から3年前になるんだけど、まったく思いがけなく、妊娠したわ。妊娠の経過はとても順調で、出産もうまくいって、今では2歳になる小さなかわいい男の子がいるの。この子はとても綺麗で、愛嬌があって、しかもとっても健康よ。いけない、こんなに自慢しちゃった、たたりがないようにおまじないの言葉を言っておかなきゃ、「touch wood」。
この子を何から何まで愛しているの。それに、(咳をして)失礼、この子になんとか母乳を与えたわ、片方の乳房からしか母乳をあげられなかったけれど。この子ったらほんとにすばらしいの。私はとても幸せだし、前向きになれたわ。絶対に人生はいいものよ。乳がんの診断を受けてから今では10年ぐらい経つけど、乳がんから解放されたと言われてから年月が経てば経つほど、気分はもっと良くなっていくでしょうね。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧