診断時:58歳
インタビュー時:59歳

2000年に乳がんの診断。乳房切除術、化学療法、放射線療法、タモキシフェン投与。

語りの内容(テキストのみ)

1日中調子のいい日もあるんですよ。大丈夫だと思えて、自由で幸せな気分がするんです。ところが次の日には、気持ちが逆戻りしてしまって。「ああ私はがんなんだ」って。
「ああ神様、なぜ私のこのがんが消えてしまわないんでしょう」と思うんです。でも、これが人生なんですね。向き合って生きていかなければなりません。

――では、調子のよくない日はどのように乗り切ったのですか?

お祈りをしたり聖書を読んだりしました。私はカトリックで、教会からもらう小さな本が何冊かあるんです。それを読んで、ロザリオのお祈りを唱えます。ロザリオのお祈りを病院の行き帰りに唱えることもありました。お祈りをすると心が安らかになります。他の方はどうかわかりませんが、私の場合は、お祈りをすると緊張がほぐれてリラックスできるんですよ。
手術の前には、前日に、聖餐をいただきました。それで心の準備ができたんです。どんなことが起こっても大丈夫と、覚悟がきまりました。うまくいって、神に感謝しています。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧