インタビュー時年齢:72歳(2014年8月)・女性
むずむず脚症候群の治療薬の治験(第何相試験かは不明・プラセボ対照試験)に参加。
首都圏在住。子どもの頃から、足がむずむず、びくびくする症状に悩まされていた。寝ているときも足が動いて布団が落ちるくらいだった。成人後、あるときテレビで似たような症状の人を見て、自分も絶対に同じ病気だと感じた。2007年ごろ、むずむず脚症候群の治験募集の新聞広告をみて、参加を決めた。半年くらい毎日薬を内服した。

この人の語りを見る

プロフィール詳細

安藤さん(仮名)は、子どもの頃から足がむずむず、びくびくするような症状に悩まされていた。お芝居や映画を見るときも足がむずむずしてじっとしていられず、夜眠ったあとも足がむずむずするため布団を蹴ってしまったりしていた。兄も同じ症状を抱えていた。ある日、テレビで同じような症状が紹介されており、自分と一緒だと思った。はっきり診断されたわけではないが、自分はむずむず脚症候群だと思うようになった。

ちょうどそのころ、むずむず脚症候群の治験の被験者募集広告が新聞に出ていた。これは私にぴったりだと思ったがその当時仕事が忙しく、連絡を取る余裕がなかった。リタイアして、時間が取れるようになって、問い合わせ先の病院に電話した。その病院で診察を受け、はっきりと自分がむずむず脚症候群であることが判明し、条件もクリアしたので治験に参加することになった。同じ症状が出ていた兄にも「一緒に治験に参加しようよ」と言ったが「もう自分は年だから」と断られてしまったので、ひとりで参加した。

プラセボの説明は聞いたような気もするがあまり覚えていない。1回行くと1万円もらえた。普段ボランティアに参加しているが、その仲間である薬剤師から「偉いわね」と言われた。また、英会話のイギリス人の先生からは「イギリスでは仕事がなかったり貧しかったりする人がお金をもらうために治験に参加する。(そんな状況ではないのに治験に参加するなんて)あなたは勇気がある」と言われ、なんだか自分はおかしいのか、治験に参加したことはあまり周りに言わないほうがいいのかな、と思った。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言