診断時:63歳
インタビュー時:64歳(2008年9月)
2007年に膀胱炎をきっかけに前立腺がんが見つかった。九州地方在住で、妻と義母との3人暮らし。大学の教員として非常勤で働いている。子ども3人はすでに自立。治療法は医師の勧めもあって小線源療法を選択。現在は、前立腺がんの方はほとんど心配ないと言われている。脊椎間狭窄症と靭帯骨化症という別の病気を抱えているため、今はむしろそちらの方が心配。毎日を一生懸命生きることを信条に過ごしている。

この人の語りを見る

プロフィール詳細

C.Dさんは、九州地方で大学の教員として働いていた。2005~06年に、数ヵ月ごとに尿管結石のため激しい痛みに襲われ、救急車で運ばれた。3度目に病院にかかったとき「もう(石は)出てくるでしょう」と言われたが一向に出てこず、翌年1月に尿が出なくなってしまった。びっくりして病院に行くと、膀胱炎と言われた。このとき血液検査を受けたところ、PSA値が70と高いことが分かり「がんの疑いがある」「触診で、どうもしこりがありそうだから、調べましょう」と言われた。その話し方から、がんだとしても、そう進行している訳ではなさそうだと思い、それ程ショックは受けなかった。発見が早ければ治ると思っていたし、膀胱炎になったおかげで、がんが早く見つかったとも思えた。

ただ、検査には痛み止めを使うという説明を聞き、以前薬(キシロカイン)が身体に合わず大変なことになった経験があったため、その点は医師にしっかり伝え、別の病院を紹介してもらい全身麻酔下で生検を受けた。やはりがんだったが、幸い転移はなかった。

治療は密封小線源療法を受けることにした。日本では最近導入された比較的新しい治療法だと聞いて、少し不安もあったが、「年齢も若いし初期のがんだから、これが良いんじゃないでしょうか」という医師の勧めに従うことにした。4月に小線源療法を実施している病院を受診し、8月上旬に手術と決まった。自分の仕事の都合もあっての手術日程だったが、4ヵ月以上何も治療しないで大丈夫なのか、その間に転移したりしないのかと不安が頭をかすめた。
術後は、痛みもなく楽だった。困った後遺症として切迫尿と頻尿があったが、7~8ヵ月ほど経つとだいぶ治まった。

現在は3ヵ月に1回検査をして経過を見ているが、前立腺がんの方はほとんど心配ないと言われている。脊椎間狭窄症と靭帯骨化症という病気をもっているので、今はむしろこちらの方が気がかり。ただ、だるかったり、足が痛くなったりするとき、これらの病気のためかとも思うが、ひょっとすると、がんが骨に転移したのではと時折不安がよぎることもある。でも、前立腺がんの治療後、運動を控えたので体力が落ちたせいもあるだろうし、だるさは気にかかるしきついけれど、身体のためには体力をつけなければと、運動を心がけている。

毎日一生懸命、努力して生きることを信条としてきた。これまでの人生、十分面白かったし楽しかった。もう十分だなとも思う。病気になったことで、出来なくなることも今後あるかもしれないし、やりたいことはやっておこうと日々を大切に過ごしている。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言