診断時:57歳
インタビュー時:64歳(2008年12月)
四国地方在住で、妻と2人暮らし。娘2人が近隣にいる。会社の健康診断でPSA値の上昇を指摘され、自宅近くの大学病院を受診。精密検査を受け、2001年にがんと診断された。同じ頃、会社を退職。「形のいいがん」ということで、しばらく経過を見ましょうといわれ、2年ほど検査のみを受けていたが、値が8近くにまで上昇したので、全摘除術を受けることにした。治験段階だった内視鏡下での手術だったが、現在まで経過は良好。

この人の語りを見る

プロフィール詳細

J.Dさんは、現役時代はゼネコンに勤務し、単身赴任で関西を中心にあちこちの現場を回り、忙しい日々を過ごしていた。50歳を超え、トイレが近い感じはしていたが、55~6歳のときの会社の定期健診で、2年連続でPSA値が上昇していると指摘された。前立腺肥大、もしくは前立腺がんかもしれないから精密検査を受けた方が良いと勧められたので、もともと腸ポリープの手術で入院する予定だったので、あわせて精密検査を受けることにした。

病院は、家族のいる地元の大学病院にした。2000年、検査の結果「非常に形のいい、良質のがん細胞だ」と告げられた。「今のところはどうもない。しばらく様子をみて、数値が10くらいまで上がってきたときに考えましょう」と言われたので、ならば他に症状が出たり、転移をしたりすることはないだろうと思い、医師の提案に従って定期検査で経過を見ることにした。

仕事の方は、ちょうど大きな仕事が一区切りついたところだった。タイミングが良かったので、これを機会にと退職し、家族の待つ地元に戻ることに決めた。検査で経過を見ている間、健康食品を勧められて試してみたりもした。

2年後の2002年に、PSA値は8近くに上昇した。再度生検を受けたところ、進行しているようだ、どうしますかと聞かれた。ホルモン療法や放射線療法などの説明も受けたが、形の良いときであれば完全に取れるという話だったので、手術に決めた。

手術は腹腔鏡下で行われることになった。その病院で初めての腹腔鏡下による前立腺全摘除術だと言われたが、説明を聞いて従来の方法(恥骨後式)よりも楽な気がしたし、かなりの症例数を経験している医師が担当しますよという話だったので、信頼して任せようと思った。
術後は痛みもなく、尿漏れも軽度で済み、トイレが近かったのがずいぶん改善された。

現役時代は、仕事柄どうしても不規則な生活になっていた。退職し、入院をきっかけに煙草もやめ、妻とともに健康的な毎日を過ごしている。PSA値も安定していて、ゴルフでも野菜作りでも、何でも好きなことができ、今はまったく健康だと思う。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言