※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー42

診断時:57歳
インタビュー時:64歳(2008年12月)
四国地方在住で、妻と2人暮らし。娘2人が近隣にいる。会社の健康診断でPSA値の上昇を指摘され、自宅近くの大学病院を受診。精密検査を受け、2001年にがんと診断された。同じ頃、会社を退職。「形のいいがん」ということで、しばらく経過を見ましょうといわれ、2年ほど検査のみを受けていたが、値が8近くにまで上昇したので、全摘除術を受けることにした。治験段階だった内視鏡下での手術だったが、現在まで経過は良好。

詳しいプロフィールを見る

―― うん。奥さまとは、そういうこう、性機能の障害、勃起障害が起きてるっていうことに関しては、お話し合いをされたんですか。

はい、しました。

―― どんなふうにお話されたんですか。

まあ、「用事は済んどるけえ、もういいじゃろ」(笑)。子供、ちゃんと育ってますんで。

―― ああ。割と、手術受けられたのも57歳ですので、お若い時期でいらっしゃいますよね。あんまりそういうこう、「もう用事は済んでる」っておっしゃってましたけど(笑)、ご自身にとっては、そんなに大きなダメージではなかったんでしょうか。

うん。ちょっと初めのうちは、ちょっと焦ったときがあったんですけど、そのうちもう慣れましたもう。もうあきらめました(笑)。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11077 (17) { ["term_id"]=> int(77) ["name"]=> string(24) "手術と性機能障害" ["slug"]=> string(2) "ed" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(77) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(66) ["count"]=> int(18) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "3" ["cat_ID"]=> int(77) ["category_count"]=> int(18) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(24) "手術と性機能障害" ["category_nicename"]=> string(2) "ed" ["category_parent"]=> int(66) } }
同じテーマの語りを見る