インタビュー内容テキスト

大腸がんになってそれなりの症状が出てからでも、検診を受けなくてもいいんじゃないかと、症状が出てから医療機関を受診しても助かるんじゃないかというお考えがあると思いますけれども、症状が出てからでも助かる方もいらっしゃいます、確かに。大腸がんというのは基本的には胃がんや食道がんに比べまして、生命予後――少し進行していても助かる可能性というのは非常に高いです。
進行がんでも転移がない方は助かるんです。非常に救命率が高いです。肺とか肝臓への転移がない方は、それでも7~8割の方は助かるわけなんですけれども、いったん肝臓とか肺に遠隔転移を起こしてしまいますと、救命率というのはぐっと下がって、5年間の生存率はそれで見ますと2割に落ちてしまうと。そこが大きなギャップになっているわけです。だからその前に見つける必要があると。
進行がんでも、転移を起こす前に見つけるというのが大切なところなんですね。そこに便潜血検査という、大腸がん検診というのが重要であるということになっていきます。だから、進行がんになってしまいますと表面がただれてきて潰瘍(かいよう)を起こしてきますので、貧血が起こったり……出血ですね、便に血が混じる。それが持続していると。それから閉塞してきますと便が出にくくなる。おなかが張ったりとか、便がほとんど出なくなるという症状が出てくるということになります。そういった状況になりますと、結局、肺とか肝臓に転移しているがんが多くなるということです。
それで、そのような症状が出る前の、できれば進行がんでも転移を起こす前のがんで見つけるというのが、この便潜血検査の大事なところであるということになります。何も便潜血検査はポリープを見つける検査でもありませんし、早期がんを見つける検査でもないんです、実は。その人の救命というのを考えますので、そういった転移を起こす前の、進行がんになる前の状態で見つけるというのがこの便潜血検査の大事なところになります。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言