※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

専門医・入口陽介医師

東京都がん検診センターで消化器内科部長として、消化器系のがん検診を多数行ってきた。熊本市出身、平成2年熊本大学医学部卒業。熊本大学医学部第2内科入局後、関連病院や昭和大学藤が丘病院消化器内科勤務後、平成9年から現在のがん検診センターに勤務。胃がん・大腸がん検診だけでなく、術後の切除標本と画像との対比を行い、診断精度の高いX線・内視鏡診断や内視鏡治療へ取り組んでいる。

詳しいプロフィールを見る

実際に診療を行っておりますと、便潜血検査で陽性となって来る方が多いんですが、やはりいろんな医療機関から精密検査を依頼される方の中には、やはり症状が出てから、いろんな貧血が少しずつ出たり、便秘になったり、おなかが張ったりとかして医療機関を受けて、その精密検査として受けに来る方がいらっしゃいます。そういった方に非常に進んだ、命に関わるような大腸がんが見つかることが多いということをよく経験いたします。検査を行っておりますと、非常に進んだ大腸がんが見つかるというか、発見する機会が多いというのが現状です。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)