診断時:66歳
インタビュー時:67歳(2008年9月)
離島在住。2000年冬、胃がんで胃切除術を受けている。左乳首の下のあせものような変化に気付き、2007年夏に受診。パジェット病という乳がんと診断され、左乳房切除術+腋窩リンパ節郭清を受けた。術後、抗がん剤を勧められたが、自分の意思で治療を受けず、現在に至る。食と民話の店を経営している。退院後すぐに仕事に復帰。娘と2人暮らし。

この人の語りを見る

プロフィール詳細

AYさん(仮名)は、自宅で飲食業を営んでいる。2000年冬に胃がんで胃を2/3切除している。最初、左の乳首の下に、ゴマくらいのあせものようなかさぶたができて、下着に付いて皮が剥けると汁が出た。時折、ちくっとした痛みを感じたが、かゆみもひどい痛みもないので、そのまま1年くらい経過した。だんだん広がってきて1センチくらいになり、しばらく岩盤浴に行っても治らないので、皮膚科を受診。そこから外科に紹介された。外科で、「パジェット病という非常に珍しい種類の乳がんで、進行が早いので、すぐに手術しましょう」と言われた。乳がんだとは全く思っていなかったので、びっくりしたが、2度目のがんだったので、「ああそうか」と受け止めた。

医師の説明は丁寧で信頼できたので、2007年夏、手術は医師から勧められたとおり、左乳房切除術+腋窩リンパ節郭清を受けた。なるべくぎりぎりでなくて、広範囲に取ってほしいと申し出た。術直後は、集中治療室で呼吸が苦しく酸素吸入をしてもらって楽になったが、それが一番つらかったと今でも思い出す。術後の腕の上がりは、9日間の入院中のリハビリで割合すぐに上がるようになった。退院して2日後には、お店で団体のお客さんを接待していた。術後に抗がん剤を勧められたので、一旦、やるつもりでサインをしたが、脱毛のことや以前、胃がんで抗がん剤をやったとき辛くて途中で止めており、同じことを繰り返したくないと思い、今回は抗がん剤をはじめからやらないことにした。経済的な理由もあったと思う。医師には「再発したとき、抗がん剤をやらないとなると治療がむずかしい」というようなことを言われたが、覚悟ができていることを伝え、その後は体にいいと思う自分の方法で生活をしている。現在までに検査の結果は特に問題は見られていない。

生活で大切にしていることは、まず食事で、太陽の光を十分に浴びた野草を食べること、ねばねば系のフコイダンを含む食品を多く摂ること、黒い食品を多く摂ることなどを実行している。また、笑うことが大切だと思っている。4年前に、食と民話の店を始めた。全国からお店に来てくれるがんになった人たちに、民話を通じて、笑いを提供し、元気になってもらうことがうれしく、自分の生きがいだと思っている。夫よりだいぶ長生きできたことで、お嫁さんを迎えたり、孫の顔を見ることができ、幸せだと感じている。夫が早くに亡くなったことや地元の自然の中で育ったことが、今の強さにつながっている。これからも、孫と楽しんだり、お料理を作ったり、民話を語って、元気に今の生活を続けることが夢である。現在は末の娘と2人で暮らしている。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言