※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:66歳
インタビュー時:67歳(2008年9月)

離島在住。2000年冬、胃がんで胃切除術を受けている。左乳首の下のあせものような変化に気付き、2007年夏に受診。パジェット病という乳がんと診断され、左乳房切除術+腋窩リンパ節郭清を受けた。術後、抗がん剤を勧められたが、自分の意思で治療を受けず、現在に至る。食と民話の店を経営している。退院後すぐに仕事に復帰。娘と2人暮らし。

私はね、皮膚病と思ってました。左のね、おっぱいを皮膚病と思って。ちっちゃな、あせもみたいなちっちゃな、瘡蓋(かさぶた)が最初できましてね、乳首の下のほうに。で、それがどんどんどんどん広がって広がって、体液が出てくるわけですよ。
で、それは別に一向によくならない。それで、不思議に思って、まずは皮膚病の専門の病院に行った。痛くもかゆくもないから全く気にしませんでした。それがどんどん広がって、ブラジャーを取るときに、くっついてしまうから、はがすときに、チクッと痛いわけですよ。で、それがどんどんどんどん大きくなってきて、ますます、この、ブラジャーがもう、大きく、こう破けていく、中のほうの柔らかいの(布)がね。それでも気にしませんでしたね。で、それで、そのころは、岩盤浴に行けば治るかなー、皮膚病だからと、自分で決めてましたので。
岩盤浴に行っても一向によくならない。それで、不思議に思って、まずは皮膚病の専門の病院に行ってみようということで診てもらったんです。で、そのときに体液を取ってくださったのね。で、検査の結果、この病院でできないから、病院紹介しましょうということで、ある大きな病院を紹介されて、まあ、そこで皮膚科の先生の説明で、ここではできない、外科に回すということで、外科に今度は移ったわけですね。で、外科の先生が、これはもう珍しい乳がんで、非常に進行が速いから、早くしましょうと、手術を。だから、2ヶ所で、2ヶ所の大きな病院に機械が空いてるところを利用してですね、2カ所でいろんな検査をするようになりました。で、検査結果からもう1ヶ月ぐらい後にもう手術始まりましたね。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧