※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー34

診断時:66歳
インタビュー時:67歳(2008年9月)
離島在住。2000年冬、胃がんで胃切除術を受けている。左乳首の下のあせものような変化に気付き、2007年夏に受診。パジェット病という乳がんと診断され、左乳房切除術+腋窩リンパ節郭清を受けた。術後、抗がん剤を勧められたが、自分の意思で治療を受けず、現在に至る。食と民話の店を経営している。退院後すぐに仕事に復帰。娘と2人暮らし。

詳しいプロフィールを見る

あの、集中治療室で、ほら、酸素吸入やる前、とても苦しかったです。もうね、本当に大変つらかったですね。これが一番苦しかった。で、後は、酸素吸入していただいてどのぐらい寝たか分かりません。で、それが終わったときには非常にさわやかな気分でしたので、もう部屋にいません。(点滴の)ポールを持ったまま、あちこちのお部屋に行ってお話しに、民話の語りに。もう、だから、その日からもう笑ってます。で、初めて見る人は、「お宅もがんなんですか?」って言うから、「今、切ってきたの」っていうぐらいにね、えー、元気です。はい。だから、えっと、リハビリもそれほどやってない。あの、自分で、ほら、目盛りのところに手を上げるぐらいのことをやってますけどね、
それで、うーん、手術して帰ってきて、2日後は、20名の予約のお客さんが以前からありましたので、その準備のために帰ってきたら、もういっぱい、あの、葉っぱが落っこちて、草が生えてますから、それを掃除して、買い出しして、仕込みして、その日を迎えたけど、誰も(退院してきたばかりとは)感じません。そのぐらい元気です。1年経ちました。はい。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12191 (17) { ["term_id"]=> int(21) ["name"]=> string(15) "乳房切除術" ["slug"]=> string(7) "setsujo" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(21) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(10) ["count"]=> int(25) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "1" ["cat_ID"]=> int(21) ["category_count"]=> int(25) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(15) "乳房切除術" ["category_nicename"]=> string(7) "setsujo" ["category_parent"]=> int(10) } }
同じテーマの語りを見る