インタビュー内容テキスト

あの、集中治療室で、ほら、酸素吸入やる前、とても苦しかったです。もうね、本当に大変つらかったですね。これが一番苦しかった。で、後は、酸素吸入していただいてどのぐらい寝たか分かりません。で、それが終わったときには非常にさわやかな気分でしたので、もう部屋にいません。(点滴の)ポールを持ったまま、あちこちのお部屋に行ってお話しに、民話の語りに。もう、だから、その日からもう笑ってます。で、初めて見る人は、「お宅もがんなんですか?」って言うから、「今、切ってきたの」っていうぐらいにね、えー、元気です。はい。だから、えっと、リハビリもそれほどやってない。あの、自分で、ほら、目盛りのところに手を上げるぐらいのことをやってますけどね、
それで、うーん、手術して帰ってきて、2日後は、20名の予約のお客さんが以前からありましたので、その準備のために帰ってきたら、もういっぱい、あの、葉っぱが落っこちて、草が生えてますから、それを掃除して、買い出しして、仕込みして、その日を迎えたけど、誰も(退院してきたばかりとは)感じません。そのぐらい元気です。1年経ちました。はい。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言