「健康と病いの語り」とは

英国DIPExのご紹介

ディペックス・ジャパンがモデルにしている英国DIPExをご紹介します。

英国DIPExのウェブサイトを作成・運営しているのは、英国オックスフォード大学プライマリヘルスケアサイエンス部門とDIPExチャリティという非営利団体です。

英国DIPExのウェブサイトは、2001年から公開がスタートし、2015年1月現在は主に4つのサイトで構成されています。

一般向け:Healthtalk(ヘルストーク)とYouthhealthtalk(ユースヘルストーク)

一般の方向けのサイトは、「Healthtalk(ヘルストーク)」と「Youthhealthtalk(ユースヘルストーク)」という2つのウェブサイトがあります。

Youthhealthtalk(ユースヘルストーク)は、16歳から25歳までの若者の語りだけを集めたウェブサイトです。

Healthtalk 
Youthhealthtalk

2つのサイトには、合計3000人を超す患者や介護者、スクリーニング検査や臨床試験などの体験者の語りが、映像(もしくは音声)とテキストの形式で公開されています。病気や医療を経験した人々が、自らの言葉で自分の体験について語っている様子を見たり聴いたりすることができます。

2015年2月現在、HealthtalkとYouthhealthtalkに収録されている病いや医療の体験は、約90種類に上ります。

「がん」「心疾患」「神経疾患」という医療機関で診断されるような病名分類に基づいた項目だけではなく、「がん検診」「出生前診断」「障害と共に生きる」「妊娠と子ども」など、生活者の視点からみた切り口で健康に関する多くの項目があり、それぞれの項目について35人から50人の語りが収録されています。

語りを提供している人々は匿名ですが、顔を隠したり映像をぼかしたりはしておらず、体験者はカメラに向って率直に自分の体験について語っています。

そのため Healthtalkは、同じ病気を持つ人が共感できる情報源となっています。 (事情があって顔を出したくない人は、音声だけ、あるいはテキストの形で語りを提供しています)

Healthtalkにアクセスすることで、新たに病気であると診断された人は、ほかの患者たちがどのようなことを思い、どうやって治療法を選択したかなどを知ることができます。

また、医師・看護師・薬剤師など医療の現場で働く人々は、普段はなかなか聞けない患者の本音に触れて、それをより良い医療に生かすことができます。

専門家向け:Health Professionals (医療従事者)とLearning & teaching(学習&教育)

英国DIPExのサイトは一般の方向けのサイトに加え、専門家向けのサイト「Health Professionals (医療従事者)」と「Learning & teaching(学習&教育)」という2つのウェブサイトもあります。

Health Professionals 
Learning & teaching