プロフィール

インタビュー05

パット
事故当時:61歳
インタビュー時:62歳
訪問保健師(現在は引退)、離婚し、2子あり(1人は死亡)。 息子のマシューは、2007年に、バイク運転中に右折してきた車にはねられて死亡。検死官の評決では“事故”とされた。ショックを受けたが、家族、友人およびCruse Bereavement Careと呼ばれるチャリティー組織に支えられた。

詳しいプロフィールを見る

語りの内容(テキストのみ)

だから、理解できない人たちに言いたいのです、私自身、息子が亡くなってから何ヶ月もの間、お葬式やその他さまざまなことがあったけど、その間ずっと涙がでないこと、まるでふつうの人のようにふつうに振る舞っていた自分が理解できませんでしたから・・・。「自分には心がないのだろうか?」そう思い始めたのです、でもそうでないことは自分でも分かっていました、違うのです、ショックなんです。ショックが私たちを固いケースの中に閉じこめてしまうのです。多分それには理由があって、少しずつショックは捕捉を緩め、私たちは現実を、実際に何が起こったかを、本当に体験しはじめるのです。つまり、それは正常な反応なのだと思います。でも、自分がどうなったのだろうと訝しく感じている人たちには、安心させてあげたいと思います・・・。

そんな状況にある人々に、何かメッセージはありますか?

熟達したカウンセラーに会うことを勧めますね、ほんとに。誰か経験の豊かな相談相手と話すこと。事情のよく分かった証言、カウンセリングですね。それはとても大事なことです。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12120 (17) { ["term_id"]=> int(48) ["name"]=> string(27) "他者へのメッセージ" ["slug"]=> string(15) "messages-others" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(48) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(45) ["count"]=> int(9) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "2" ["cat_ID"]=> int(48) ["category_count"]=> int(9) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(27) "他者へのメッセージ" ["category_nicename"]=> string(15) "messages-others" ["category_parent"]=> int(45) } }
同じテーマの語りを見る