プロフィール

インタビュー05

パット
事故当時:61歳
インタビュー時:62歳
訪問保健師(現在は引退)、離婚し、2子あり(1人は死亡)。 息子のマシューは、2007年に、バイク運転中に右折してきた車にはねられて死亡。検死官の評決では“事故”とされた。ショックを受けたが、家族、友人およびCruse Bereavement Careと呼ばれるチャリティー組織に支えられた。

詳しいプロフィールを見る

語りの内容(テキストのみ)

みんなに言いたいですね、だって、同じような状況に置かれた多くの人々が、まず初めは親から、そして周囲の人々や善意の友人から、「泣かないで、泣かないで、泣いちゃ駄目」と教えられてきたのですから。
「どうぞ、泣かないで」というメッセージをもらっても、それでも泣く必要がある。それは自然の要求なのですから。私たちには泣くことが必要なんです。それは私たちの嘆きや悲しみや悲哀の表現なんですから。泣きたいだけ泣くなんてことはこれまで一度もなかったことですが、今年は猛烈になきました。毎日泣いていました。嘆きや
そして、泣くことで解放されることを学んだのです。それから、以前にはなかったことですが、自分自身や自分の感情を尊重することについても沢山学びました。ですから、私は息子の死を通じて多くのことを知ったのです。これらのことについては感謝すべきであり、また感謝に努めたいと思うのです。多分、これこそが感謝することなのでしょうね。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12121 (17) { ["term_id"]=> int(48) ["name"]=> string(27) "他者へのメッセージ" ["slug"]=> string(15) "messages-others" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(48) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(45) ["count"]=> int(9) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "2" ["cat_ID"]=> int(48) ["category_count"]=> int(9) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(27) "他者へのメッセージ" ["category_nicename"]=> string(15) "messages-others" ["category_parent"]=> int(45) } }
同じテーマの語りを見る