インタビュー時:57歳(2012年6月)

男性・首都圏在住。無職。ベッカー型の筋ジストロフィーで、現在車いすを使って生活している。国民健康保険加入者で大腸がんの検診は行政から案内が届くが、自分はがんにはならないと思っているので、行ったことはない。検診を受けること自体に大きな障壁はないが、精密検査を受けたり病院に入院する場合、不自由を感じることはある。完全看護という建前で介助者が一緒に入院できず、障害者への対応も十分でない病院も多いのは問題だと思う。

語りの内容(テキストのみ)

―― で、ええと、受けたことはあります?

あ、ないです。

―― ない。で、その、あの、理由について少し教えていただきたいんですけれども。

あ、理由、理由は、やっぱ、あの、まあ、「怖い」っていうのもあるかもしれませんけれど、やっぱ、あの、自分としては「多分、がんにはなってないだろう」「大丈夫だろう」っていうことで、受ける必要はないと思っています。

―― それは、あの、自覚症状が全くないと、そ、そういった意味ですか? それとも、

そうですね。自覚症状もないし、別にあの、あの、そういうことはないだろうと。

―― あの、たとえばね、あの、障害を持った方で、その、介助の方が同行するのがちょっと、まあ、介助を頼むのも大変だし、病室に入ってもらうのも大変だしっていう、それで受けられないっていうような声も聞いたことあるんですけれども、えー、どんな感じでしょうか、ご自身は。

まあ、あ、ぼ、僕の場合は別にあの、介助の方が付いて、あの、まあ、一緒に確認してもらったり、話を聞いてもらったりするのは別に、自分としては差し支えはないと思ってます。そのほうが、まあ、1人で聞くよりは不安が和らぐっていうのもあると思うので。

―― そうすると、その、筋ジスのほうで通っている時にも、介助の方がずっと付いて。

そうですね。付いてますね。はい。

―― あ。そうすると、がん検診も、じゃあ、介助の方の都合とかそういうことで受けないというわけではない。

そうじゃないです。自分の考えです。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧