インタビュー時:57歳(2012年6月)

男性・首都圏在住。無職。ベッカー型の筋ジストロフィーで、現在車いすを使って生活している。国民健康保険加入者で大腸がんの検診は行政から案内が届くが、自分はがんにはならないと思っているので、行ったことはない。検診を受けること自体に大きな障壁はないが、精密検査を受けたり病院に入院する場合、不自由を感じることはある。完全看護という建前で介助者が一緒に入院できず、障害者への対応も十分でない病院も多いのは問題だと思う。

語りの内容(テキストのみ)

―― ああ。ええと、あと、まあ、痔だったっていうことなんですけど、その時のお話も少し教えていただきたいんですけど。

あの、ずっと、あの、まあ、痔って「脱肛」って言って、お尻がこう、腸が飛び出るのがあって、で、あの、ある病院で手術をしたんですけど、その時に内視鏡とか、検査のほうが痛かったですよね。

―― 内視鏡ね、あの、怖くて、それで大腸がん検診受けないっていう方もいるんですけれど、どんな感じでしたかね、ええと、内視鏡。

やっぱ、あの、横になった状態で肛門から内視鏡を入れて、それであの、画面にこう映るのがやっぱ自分でも見えるんですね。見えるっていうか(笑)。別にあの、まあ、あんまりいい感じはしなかったしなかったんですけど。<5秒>ただ、あの、障害があるためにね、こう、横になったりとかするのが結構大変なんですね。検査すること自体。それはあの、やっぱありましたよね。

―― ずっとこう同じ姿勢ですよね。

そうですね。そうですね。やっぱ、そういう時にはやっぱ介助の人がいて、身体を押さえてないと無理ですよね。

―― ああ。

うん、無理な場合もありますよね。あと、同じ姿勢を保つっていうのは結構きついですよね。

―― と、それは内視鏡の、あの、受けた時には、やっぱり介助の方が入られたんですね。

どうだったっけ? そん時はね、いなかった。あの、表で待ってたのかな? ま、待つように言われたのかな? まあ、ある程度我慢しましたから、自分では(笑)。

―― たとえば、筋ジスだから看護師さんが、あの、気を遣って介助してくれるとか、そういうことは。

なかったような気がしますけどね。

―― やっぱり、内視鏡はそういった神経系の病気持ってる方にとっては、ちょっともう少し配慮してほしいっていうか、そういうこと。

そ、それはあまり感じなかったんだけど、ただ、手術をするに当たっては、麻酔をね、全身麻酔にするか、この、腹部麻酔にするかっていうので、やっぱあの、その、あれ、その病院、病院もやっぱりやたらに手術で麻酔をするわけにいかないから、実際にあの、僕がかかっている筋ジスの病院に連絡をして、確認をしたみたいですね。それであの、麻酔とか別に影響はないってことで。そこはやっぱ、そういうとこはやっぱ配慮はしていると思いますけどね。

―― じゃあ、まあ、内視鏡に関して言えば、まあ、ちょっと我慢するか、介助の人が、まあ、入っていれば、まあ、なんとか。

そうですね。ただ、障害がね、あまりにも進行しちゃうと、その検査も難しいんじゃないかなっていうのは思いますけどね。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧