※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時:72歳(2013年5月)

関西地方在住。地元の健康づくりのNPO法人に入り、バランスの良い食事を摂り運動を心がけている。健康診断やがん検診もできるだけ受けるようにしている。現役時代から現在まで便潜血検査は受け続けており、45歳の時には(便潜血検査の結果は陰性だったが)会社から勧奨されて大腸内視鏡検査を受けた。その時にポリープを切除し2年後も念のため受診したが大丈夫だった。他の人にも、病気を知るために個人が持っているチャンスとして検診を受けたらどうかと勧めている。

で、人によってはね、僕、やったその仲間でもね、こう内視鏡がこう腸の中でこうくねって入れていくでしょう。その曲がったとこにいくときにどーんとおなかを突かれるような感じ、あれが、嫌やったとかね、…言う人がいますね。

―― それは、お医者さんから前もって、あのー、何か、こう説明はありましたか。

ええ、ありますよ。

―― 痛いかもしれないとか。

ええ、突き上げられる感じがあるかも分からないよ。……その突き刺さるような痛さとかそういうのはないから安心しなさいよとかね。

―― それはないからっていうことですかね。

大丈夫ですよと。……ま、一番いいのは、あの、「自分のね、いっぺん、おなかの中をね、その画面で見るのもいいんじゃないの」って、先生、言ったからね、「そうですね」と。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧