※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時:52歳(2010年1月)

女性・関東地方在住。小規模な編集デザイン事務所に勤務。近年まで会社での定期健診は行なわれていなかった。現在行なわれている定期健診には便潜血検査も含まれていて、昨年は再検査の通知を受け取ったが、踏ん張りすぎたからだろうと思い、病院には行かずに1年が過ぎた。おしりのことになるとやはり恥ずかしいという思いがあり、目をつぶっているようなところがある。

―― あとは、その、身の回り、同じようなお仕事されてる方たちの中では、やっぱりこう、受けない人が多いっていう感じですか。

うーん、えーとですね、まあ、ここにいる人たちは、自分ではあんまり検診には行ってないと思うんですけど、会社に、あの、「健康診断のときは、あの項目とこの項目とを増やして」とかは、あの、言われたりしますけどね。うん。

―― その辺はどういうふうに。あの、例えば、その、社員に受けさせるっていうことについてとかはどういうふうに思ってらっしゃいますか。

とですね、まず最初に、自分が、えーと、まあ、年に1回は健康診断は受けたほうがいいんじゃないかなと思って健康診断は始めたんですけど、で、まあ、簡単なものでもいいかなと思って、一番簡単なものをお願いしてたら、まあ、皆さんの要求は、いろいろなものをやりたいとは言われてます。今。

―― 今、その、会社ではどこまでを負担するんですか、会社が。

何か一番ベーシックぐらいなもの、これとこれが、…、検診できますよという案内が来て、だから、たぶん、何ていうんですか、子宮の検査とかそれになるとプラス幾らかかりますよっていうのがあるので、一番まあベーシックなものだけは、会社でやったほうがいいかなと思って、そのぐらいはやってますけど。うん。

―― さっきおっしゃってた胃がんなんかは、それは、どっか、大腸がん検診、それはお金払わなくても受けられる感じ?

そうですね、ええ、ええ。年齢、年齢がたぶん、年齢で切ってると思うので、それの年齢に達した人には、この検診が付いてきますっていって、入ってますね。はい。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧