※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時:52歳(2010年1月)

女性・関東地方在住。小規模な編集デザイン事務所に勤務。近年まで会社での定期健診は行なわれていなかった。現在行なわれている定期健診には便潜血検査も含まれていて、昨年は再検査の通知を受け取ったが、踏ん張りすぎたからだろうと思い、病院には行かずに1年が過ぎた。おしりのことになるとやはり恥ずかしいという思いがあり、目をつぶっているようなところがある。

―― えっと、あのとき再検査っていう連絡をもらって、今どうですかね、どんな気持ちで。

あ、やっぱり、事務所にも同じように、再検査するようにって言われた人がいて、で、その人も、実はきっと踏ん張ったからだっていう感じで言ってたので……、何か自分では、うん、大丈夫と。

―― と、まあ、キットを使ったときの感想であるとか、ここが良かった、もっとこうしたらいいのにというようなことが何かございましたら。

うーん、やっぱり、その検診の日に合わせて採取しなきゃいけないっていうところが一番こう、何ていうんですか、ネックになって……、なかなかこうスムーズに、あのー、うん、便が出る日と出ない日があるので、それがちょっと困りますよね。
うん、もっと、そういう検査をしなくても、何かこう判断できる…ような、こう……、簡単なキットみたいなのがあれば。例えばなめただけで分かるみたいな…のがあれば。

―― より簡単な検査で分かる。

はい。何か唾液検査で分かるみたいな。何かそういうのがこう市販に売ってて、それで気になる人は、それ買えば、まあ、自己チェックができるみたいな、そういうものが普及すればきっとみんな、もう少しこう、がん…についてもうちょっとこう、自分から知ろうって思うんじゃないかなとか思うんですけど。

―― 妊娠検査薬みたいなやつが。

そうそうそうそう。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧