インタビュー時:66歳(2013年9月)

男性・関東地方在住。フリーの編集者をしており、現在は国民健康保険に加入している。若い頃、出版社に勤務していた時期もあったが、健康診断は受けていなかった。その後フリーになって地域の健康診断を受けており、その中に便潜血検査は入っていた。その後、脊柱管狭窄症にかかり、2006年に多発性硬化症と診断され、現在は特定健診、がん検診共に受けていない。

語りの内容(テキストのみ)

検診弱者っていうのって、結構いるんですよね。

―― ええ。それは、け、検診弱者って、例えばどういう方だったりするんですか。

だから、ま、一番世間的に注目されてるのが、要するに山間部なんかに住んでて、検診どころか、医者に行くのも大変だっていう人がいますよね。

―― はい、そうですね。

あの、買い物弱者と一緒で。

―― ええ、医療機関にもたどりつけない。

だから要するに、中山間部の高齢者っていうんですか、これが第一に言われてるんですよね。それからそれ以外に、例えば、あの、特定健診に外れる人がいますよね。要するに、あの、特定健診に外れるっていうよりも、要するに、その、例えば、極端な話、要するに、ホームレスがそうですよね。それから、あの、特定健診を受ける以前の年齢の、あの、人で、例えば会社の一般的な検診を受けられない、フリーターとか、あの、派遣とか、派遣は受けられるかどうか分かんないですけど、アルバイトの人とか、たくさんいますよね。この辺は、たぶんその検診弱者じゃないかと、昔から思ってたんですけども。もう一つ、自分もその病気になって、要するに、あの、病気で、と、都心のど真ん中に住んでながら、病気で検診が受けられないやっていう人が、結構いるんじゃないかと思うんですよ。
それをいえば、この予算がないとかねいう話になるんでしょうけれども。要するに、だ、まあ、さっき言った、その、検診全体がアリバイで、あの、切り捨てられてる人は、要するに、あの、そのままになってるっていうスタイルですよね。国はやれ、やれって言ってるから、自治体もやれ、やれって言ってるから、あの、決して、その、サボってるわけじゃないっていうのは、言い訳になる可能性がありますよね。

―― うーん。だけど実際には受けやすいシステムにはなってない。

ええ、なってないですよね。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧