インタビュー時:66歳(2013年9月)

男性・関東地方在住。フリーの編集者をしており、現在は国民健康保険に加入している。若い頃、出版社に勤務していた時期もあったが、健康診断は受けていなかった。その後フリーになって地域の健康診断を受けており、その中に便潜血検査は入っていた。その後、脊柱管狭窄症にかかり、2006年に多発性硬化症と診断され、現在は特定健診、がん検診共に受けていない。

語りの内容(テキストのみ)

―― ご自身が、あの、さ、先ほど、えーと、ご家族の方でも、ちょっとがんになってらっしゃる方、いらっしゃるっていうことですけども。自分もなるんじゃないかっていう気持ちは、でもどこかにある。

いや、まあ、わたしの場合、もう逆にならないんじゃないかっていう自分、気がしますよね。ていうのは、同じその免疫システムの異常が、あの、兄と父の場合は、要するにがんという格好になったんですけれども、わたしの場合は、逆に、その、多発性硬化症の、要するに、その自己免疫反応なっちゃったんだっていう可能性がありますからね。

―― じゃ、もうならないんじゃないか。

いや、だから、なったらなったで、もし、その、例えば、た、あの、その、リンパ肉腫になった場合ですね。要するにた、助かる確率、非常に低いですからね。
あの、やっぱり、もう今さら検診受けてもしょうがないなっていう感じが、どうしてもしてしまいますからね。血液と、あ、他の、あの、値は、ずっと正常なんで、あとはがんだけ、心配すればがんだけなんですけども。がんは、その、要するになるとすれば、あの、リンパ肉腫だろうから、これはもうしようがねえやっていう感じですよね。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧