※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:71歳
インタビュー時:72歳(2012年4月)

東北地方在住。自営業を営んできて、これまできちんと健康診断を受けたことはない。がん検診も受けておらず、2011年に高血圧が心配で病院で血圧を測ってもらったついでに受けた血液検査で貧血がわかった。体内からの出血が疑われたため、便潜血検査をしたところ陽性となり、大腸内視鏡検査を受けてS字結腸のがんがわかった。開腹手術の後抗がん剤治療に入ったが、肝炎になったため中止し、現在に快復して落ち着いた生活を送っている。

―― こう、自分が何で大腸がんになったんだろうとかそういうこと考えられましたか。

うーん、それが、全くないんですね、前ぶれも全くないし、自覚症状は全くない。これは、ほんとに、わたしは降ってわいたような話、健康そのものと思っていましたから。だから、こういうふうにして発病するんじゃね、わたしは、ほんとに恐ろしいことだなっていうか、皆さんにね、もう、経験を語れないですよね。…そうですよね。こういうふうになると、心配よとかっていうことが言えないですから。だから、こんな、まあ、しいて言えるのは、…検査しないとこういうことは見つからないんですよっていうことですよね。そういうことですよね。わたしは、これ検査したから、血液検査したから、それも、降ってわいたように、自分から、あのー、行ってしたからなった、ねえ、分かったんで。こういうことっていうのは、恐ろしいですよね、逆に言うとね、皆さんにとってね。

―― 何かね。

ええ。

―― あのー、内視鏡が、通らなかったというのは。

ええ、はい。

―― もうかなりやっぱり大きい。

前からなんですから。

―― でも、便通は。

便通は普通にあって、もう、快眠、快、そういう話は自分で自慢していましたから。

―― ああ、なるほど。

はい、だから、こんなことで、発病しているのを知らずにね、こうやって5年近くになっていたのかしらって、それもまあほんとかどうかは、わたしは分かりませんけど。その、わたしを内視鏡で見た先生が、「ここまで大きいのは、もう5年はかかっているよ」ってこうおっしゃったのが、そういうわけなんですよ。だから、びっくりしちゃって、そんな自覚全くありません。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧