※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:71歳
インタビュー時:72歳(2012年4月)

東北地方在住。自営業を営んできて、これまできちんと健康診断を受けたことはない。がん検診も受けておらず、2011年に高血圧が心配で病院で血圧を測ってもらったついでに受けた血液検査で貧血がわかった。体内からの出血が疑われたため、便潜血検査をしたところ陽性となり、大腸内視鏡検査を受けてS字結腸のがんがわかった。開腹手術の後抗がん剤治療に入ったが、肝炎になったため中止し、現在に快復して落ち着いた生活を送っている。

なんともないって言っても、こういうことがおきるんだと。想定外のこと、わたしにとっては想定外ですよ。もう想定されることだったかもしれないんですけれど、わたしにとっては、もう今までの70年間、想定外ですよ、こんなことは。
ええ、だから、強く血液検査ぐらいはって言いたいですね、今考えてみればね。これで、でも……結局、わたしはラッキーだったっていうことでしょうけれど、この早く見つかって、悪性だ、なんていうのかな、そのあんまりいい状態でないっていう人だってあるわけだもんね、その人たちは気の毒ですよね、やっぱりね。だから、どの時点でっていう。やっぱり、定期健診しかないんでないかしら。ね、発見するのには。健康だなんて、過剰に思わないことだな。わたしはそう思う、…自分の体験から。だって、健康が取り柄だと思っていましたから。元気が取り柄、わたしの自慢だったのにね。こんなに、大病になるとは思ってもいなかった。で、最初に、ほんとに、先生がおっしゃっていたの、「災害で、あのー、血液、出血する人多いんですよ」って言われたとき、それかなぐらいの感覚でしたからねえ。「なんとまあ○○(東北の地名)は多いんですよ」みたいなことおっしゃっていたのね。……だから、ストレスからくる、その、…あれかなと思っていましたけど。でも、そうじゃなかったわけですよね。先生が、「ここまで、大きくなるには5年かかっていますよ」みたいな言い方されちゃったから、あらあーって、そんなに気がつかないもんかしらっていう。ねえ、怖いです、やっぱり、今。皆さんにそれは言いたい、ねえ。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧