診断時:60歳
インタビュー時:70歳

1991年に乳がんの診断。乳房切除術、タモキシフェン投与。

語りの内容(テキストのみ)

何も感じませんでした。本当に何も感じませんでした。ただ全てを神の手に委ねました。苦しみを与え、それを取り除くことができるのは唯一神だけなのです。ですから、今現在もこのことをモットーに生き続けています。どのような状況でも神の定めた運命は変えられない、というのが私の信条なのです。心配したって仕方がない。ただ神を信じること。それで十分なのです。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧