診断時:60歳
インタビュー時:70歳

1991年に乳がんの診断。乳房切除術、タモキシフェン投与。

語りの内容(テキストのみ)

――入院前に、バンジャビ語で書かれた資料を受け取りましたか?

いいえ、何も頂きませんでした。緊急事態でしたので、頂いても何も読む時間はありませんでした。それに私の育った1944年頃の状況というと、例えば私が14歳だった1946年には学校などありませんでした。見たこともありませんでした。パンジャビ語は分かりますが、上手く読むことは出来ません。自宅で少しは学びましたが、今ではもうすっかり忘れてしまいました。病院では、教養のある私の子供たちが全てを説明してくれました。このような状況でした。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧