診断時:38歳
インタビュー時:40歳

1999年に乳がんの診断。乳房温存手術、化学療法、放射線療法、タモキシフェン投与。

語りの内容(テキストのみ)

私からのアドバイスは、もしもあなたと非常に親しい誰かが癌と診断されたら、決して「理解できるわ」とは言わないことです。あなた自身が癌にならない限り、理解することなどできないのですから。その代わりに、その人が1人ではないこと、あなたがそばにいること、一緒に立ち向かうことを語りかけ、確信させるのです。必要な言葉はそれだけです。シンプルに聞こえるかもしれませんが、大変意味のある言葉です。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧