プロフィール

インタビュー26

診断時:37歳
インタビュー時:41歳
1997年に乳がんの診断。乳房温存手術、化学療法、放射線療法、タモキシフェン投与。

詳しいプロフィールを見る

語りの内容(テキストのみ)

でも、化学療法を受けていたときはいつも気分が悪くなって、今でもあの治療のことを考えるだけで気分が悪くなるの、今でもよ。化学療法を受けていたときは、部屋に入っただけで、吐きそうになってました。そして、ほんとに、あの看護師さんは優秀だったわ――点滴注射を入れ始めるとすぐに(吐物を受けるための)膿盆を私の脇にもってきてくれるの。私が気分が悪くなりそうになると、いつでも分かっていたわ。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12120 (17) { ["term_id"]=> int(18) ["name"]=> string(24) "乳がんの化学療法" ["slug"]=> string(12) "chemotherapy" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(18) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(14) ["count"]=> int(20) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "5" ["cat_ID"]=> int(18) ["category_count"]=> int(20) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(24) "乳がんの化学療法" ["category_nicename"]=> string(12) "chemotherapy" ["category_parent"]=> int(14) } }
同じテーマの語りを見る