診断時:58歳
インタビュー時:59歳

2000年に乳がんの診断。乳房切除術、化学療法、放射線療法、タモキシフェン投与。

語りの内容(テキストのみ)

ええ、いつ髪の毛が抜け始めるか心配だった。でも、いつも私に化学療法をしてくれる看護師が以前面談に来たときに言ったの、髪の毛は抜けていくだろうって。治療が始まったら髪の毛がそんなに早く抜け始めることなんて知らなかったの。最初の治療を受けた日に、髪をとかし始めたら、ものすごい量の髪の毛が櫛についたの。「大変だわ!」と言ったわ、(笑い)。その時から毎日続いたの、どんどん抜けたわ。そうしたら甥が、甥はかみそりで自分の息子の髪を剃っているんだけど、ある日私に「さあ、僕におばさんの髪をきちんと整えさせてくれないか」と言ったのよ。甥は一本一本ていねいに剃ってくれたわ。それで髪の毛はすっかりなくなったわ。そしてそれから、ありがたいことに、今では髪の毛が生え戻り始めたのよ、髪の毛が生え戻って始めたのを見てみんな喜んでくれたわ。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧