診断時:58歳
インタビュー時:59歳

2000年に乳がんの診断。乳房切除術、化学療法、放射線療法、タモキシフェン投与。

語りの内容(テキストのみ)

望めば乳房の再建術をしてくれたかって?いいえ、それに私は望んでいなかった。病院ではシリコンのブラ補正用パッドをくれたわ、私のブラを調整するから、ブラがパッドに合うかをみるから病院に来るように言われたわ。だからとても快適に使っているの。補正用パッドを着けているのを時々忘れてしまうぐらいにね。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧