診断時:58歳
インタビュー時:63歳

1996年に乳がんの診断。乳房温存手術、化学療法、放射線療法、タモキシフェン投与。

語りの内容(テキストのみ)

入院して、もちろん一般の術前検査はすべて受けてから、手術室に連れて行かれます。先生達はまず鎮静剤を投与してから手術室へ連れて行き、手術を行います。外科医がやってきて、何が起こるか、何をしようとしているのか、どうして乳房切除術はなくこの方法をとるのか説明してくれます。温存術を行うので、乳房は一部残ります。形は変わってしまいますが、希望するなら再建できると言うの。でも、望みませんでした。私にはあまり重要なことではありませんでした。どうせ若くないし。
その後手術が始まったら、当然ですが手術室から出てくるまで何もわかりません。手術の後は痛みがひどかったですね。

――ドレーンのようなものはついていましたか?

ええ、ドレーンはつながっていましたよ。外されるまで歩き回るときも終始つけたままです。そう、袋でしたね、つけていたのは。

――縫い目はどうですか、ありました?

いいえ、縫い目はありませんでした。ドレーンだけでした。いや、違いますね、嘘です。当然縫い目はありますよね、手術を受けたところに縫い目がありますよ。先生方がリンパ腺を除去して、腋の下にも縫い目が残りました。でも、先生はすごく優秀な先生でしたよ。ほとんど縫い目がわかりませんもの。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧