診断時:58歳
インタビュー時:63歳

1996年に乳がんの診断。乳房温存手術、化学療法、放射線療法、タモキシフェン投与。

語りの内容(テキストのみ)

自分の体をどう扱ったらいいか分かりません。自分がそこにいないような感じです。横になっていればいいのかどうか。私は横になっていることが多かった。横になっていて起き上がらなければならなっかり・・・、座ろうとしても座れなかったり・・、歩き回ったり・・。2、3日は何をしていいのか分かりませんでした。こう言っているのは私だけではありません。他の方達からもの同じように感じたと聞いています。でも、数日後にはこんな感じも消えていき、まあ普通の状態に戻ります。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧