診断時:58歳
インタビュー時:63歳

1996年に乳がんの診断。乳房温存手術、化学療法、放射線療法、タモキシフェン投与。

語りの内容(テキストのみ)

一旦治療が終ったら普通の生活がまた始まると思います。そして、普通の生活、ふだんの日常がもどってくるのね。もちろん気がかりもあります、心配なのです。
それで、いつもいつも自分の体をチェックしてばかりです。時にはやり過ぎだと思うこともあります。頭から離れることはありません。「おや、ここにしこりがある」と思ったり・・・もちろん、しこりではありません。でも、本当に心配なのです。心配しなくなるなんてないと思いますよ、がんが戻ってくるのじゃないかと。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧