※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

インタビュー時年齢:72歳(2013年11月)・女性
むずむず脚症候群の治療薬の治験(第何相試験かは不明・プラセボ対照試験)に参加。

首都圏在住。子どもの頃から、足がむずむず、びくびくする症状に悩まされていた。寝ているときも足が動いて布団が落ちるくらいだった。成人後、あるときテレビで似たような症状の人を見て、自分も絶対に同じ病気だと感じた。2007年ごろ、むずむず脚症候群の治験募集の新聞広告をみて、参加を決めた。半年くらい毎日薬を内服した。

何かあったら来てくださいっていう症状もあったのよ。それこそ、(いつも飲んでいる)血圧の薬と一緒に飲んでも大丈夫な薬だからって言われたけれど、何かあったら来てくださいって。

普通、そんな便秘することなんかないのに、極端に冷や汗が出るほど、お手洗行って動けなくなるぐらいひどい状態になって。それで、電話したことはあったかな、あったような気がしたんだけど。それで、冷や汗出て、お手洗いでしゃがみこんでっていう、それが、今の治験の薬(のせい)じゃないかなと思ってお電話したことがあったような気がする。ちょっとあいまいなんだけど。それで、(病院に)行って、(治験の)お薬もらう日以外に行ったかな。でも、それは症状が収まってから行った状態なんだけれど。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧