インタビュー介護者31

インタビュー時:56歳(2012年8月)
関係:妻(夫を介護)
診断時:夫58歳、介護者53歳
診断される1年ほど前から夫の異変を感じていたが、2009年に前頭側頭型認知症と診断される。夫と介護者、娘と息子の4人暮らし。その後、夫はコンビニなどのトイレからトイレットペーパーを持ち帰ることが続き、2012年警察に保護されたこともあった。なるべく夫の習慣に合わせて対応を工夫してきた。現在は若年性認知症の人を受け入れるデイサ-ビスに週5日通っており、夫に合った対応をしてくれているので、嬉しく思っている。

インタビュー介護者21

インタビュー時:61歳(2012年2月)
関係:夫(妻を介護)
診断時:妻60歳、介護者60歳
2007年に妻が解離性障害と診断され、2011年には前頭側頭型認知症と診断される。妻と個人事業を営む長女、次女と双子の孫の6人暮らし。別居の長男がいる。介護者は2009年胃がん、2010年白血病を患い、入退院を繰り返した。次女は介護施設に勤めている。妻は要介護2でデイサービス週2回利用。家族会は、同じ悩みを抱えた人と話ができる機会になっている。
※インタビューは介護者21さんと妻(認知症と診断を受けたご本人)、長女の3人が同席して行われました。