プロフィール

インタビュー28

診断時:76歳
インタビュー時:78歳(2008年10月)
首都圏在住。前立腺炎で受診した総合病院で、念のため受けた血液検査でがんの疑いが浮上。生検を受けてグリーソン・スコア6の高分化前立腺がんと診断され、ホルモン療法を勧められたが、小線源療法を受けたいと、2006年9月大学病院に転院。そこではグリーソン・スコアが7と判定されたため、外部照射(22回)を併用して45本のシード線源を埋め込む治療を受けた。術後1年9ヵ月でPSA0.27と順調に経過している。

詳しいプロフィールを見る

語りの内容(テキストのみ)

――グリーソンスコアが、一つの病院ともう一つの病院で変わるというのは。

あ、それはね、病院の病理学者がやりますよね、検査。その人の判断でね、微妙にこう違うところ、違うんだそうですよ、病院によって。で、ある病院では、これはこうだと、3だと。で、ある病院は、おれはこのがんはね、4に値するという。その病理学者の判断によって微妙に違うことは、変わることはあるんだそうですよ。で、向こうは、そうだっていうからね。だからまあ結果的にはね、両方やったほうがよかったのかもわかんないです。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11077 (17) { ["term_id"]=> int(70) ["name"]=> string(24) "診断のための検査" ["slug"]=> string(5) "kensa" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(70) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(8) ["count"]=> int(21) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "2" ["cat_ID"]=> int(70) ["category_count"]=> int(21) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(24) "診断のための検査" ["category_nicename"]=> string(5) "kensa" ["category_parent"]=> int(8) } }
同じテーマの語りを見る