※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー44

診断時:62歳
インタビュー時:63歳(2009年1月)
東北地方在住で、妻と2人暮らし。健康意識が高く、2007年、人間ドックでPSA値が前年比で2倍になっているのを見て異常を感じ、インターネットで調べて、再検査の通知が届く前に自主的に近隣の県立病院を受診、グリーソン・スコア7の前立腺がんと診断された。希望して全摘除術を受けた。経過は良好だが、再発の危険性を考え、半年に1回通院のところを3ヵ月に1回にしてもらっている。すでに自立した子どもが2人いる。

詳しいプロフィールを見る

あの最初、ガンマー線は当てられるっていうことで…ほらガンマー線というのは、放射線と違いまして、初めてお話聞いたわけなんですが。ガンマー線というのは、ただ放射するだけであって、そんなに痛くもないし、ただベッドに横たわっているんで。そこから一応放射されまして…ま、そういうことですから、全然苦痛も何もありませんでしたね。最初は何か苦痛あるかなと思ったんですけど(笑)。あと、その検査をするためにですね、多少の放射線を含んでいるので、例えば体調悪いとかいった場合は、その注射液を捨てるということになりますので。それはかなり高い金額なんでね。その辺は一応了解してくださいということ言われましたね。
まあ全身にわたるまで約3時間から4時間の時間を必要とすると。それは、あくまでも全部がですね、頭から足の先まで、その注射の液がですね、わたるようにということで4時間ぐらいかかりましたね、ええ。その後一応、ガンマー線を照射されまして、それで一応完了ということですね、はい。

――その4時間の間は、どうされているんですか?

病院内で、あっち行ったりこっち行ったりしていましたよ、うん。それで病院のほうから、何時までに一応来てくださいということがありましたので。その時間の10分くらい前に、そこの受ける場所にね、行きました。

――その検査は、泊まってやるものですか。それとも外来で、もうその日に。

外来です、はい。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#11077 (17) { ["term_id"]=> int(70) ["name"]=> string(24) "診断のための検査" ["slug"]=> string(5) "kensa" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(70) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(8) ["count"]=> int(21) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "2" ["cat_ID"]=> int(70) ["category_count"]=> int(21) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(24) "診断のための検査" ["category_nicename"]=> string(5) "kensa" ["category_parent"]=> int(8) } }
同じテーマの語りを見る