インタビュー内容テキスト

まあ……、女性の前で言いにくいけど……。男性自身の、あのー、元気がなくなった。もう……、ね、あんまり役に立ち、もう年齢的にももう役に立たんようになる時期なんだけど、でも、まだ年上で元気な人もいるしね。だけえ……。もちろん若い人でもね、こればっかりは個人差があるんやろうけど。まあ、それがさびしいかなぐらいのもんだな。うん。
それはもう、生殖器の一部を取っとるわけやから、それはもう生理的になくなるもんなんで、だから、それはもうあきらめてはおるけども。
ただ、可能性としては半分残ってたんだけど、手術したときは残ってたんだけど、結局……。早い人で3カ月。だから、「3カ月から1年ぐらいで、元に回復、元通りに回復しますよ」っていうことだったんだけど、回復は多分していると思うけど、年齢的にもう、自然にもう、減退状態に入ってるから。だからもう自然現象で、うん、なくなってきてるっていう状態なんで、どうすることもできないでしょうね、これは(笑)。
これはもう、手術……したから、結果的によ、したから、せんからって、あんまり関係なかった。でも、全摘の場合は、完全にもう機能が、あのー、排尿以外の機能、なくなるっていうから、多少……、何ていうの。残ってるんだけど、実際には役立(やくた)ってないから、まあ、どうでもいいやっちゅう感じになるだけでね。うん。
やっぱ全摘すると、気持ちの上では、あれ、どうせ年齢的に駄目になる…なんだけど、あのー、何でもそうだけど、できるけどしないのと、できないのとの精神的な違い。うん。する能力、それから力。スポーツにしても、勉強にしても、何でもいえると思うんだけど。だけど、しないのとね、したくてもできないっちゅうのとのギャップってあるじゃない? そのー、差がね、あったんで、「全摘はやっぱりちょっと待ってくれ」だったんやね。
だけえ、それは一応、精神的に、のほう、大きいから、正解だったと思う。半分残して、神経残したっていうことはね。でも、全然、役立(やくた)ってないけどね(笑)。現実にはね。うん。

―― うん。でも、お気持ちでは、やっぱりすごく大事な部分だったんですよね。

うん。男としては大事だと思うね。

―― はい。

うん。この事実いえるのはそれやろうな。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック →

あなたのひと言をどうぞ → ひと言