※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

プロフィール

インタビュー32

診断時:73歳
インタビュー時:79歳(2008年10月)
経験の概要:首都圏在住。2000年に膀胱がんの手術を受け、その後経過を観察していたPSA値が10を超え、2003年2月にB期の前立腺がんと診断された。通常の放射線治療も勧められたが、自ら希望して、当時はまだ臨床試験段階だった重粒子線治療を受けた。早期に発見できたこともあり、他に狭心症などの持病もあるので、がんだからといって特別な思いはない。病院通いをしながらも、日々趣味に交友に忙しく過ごしている。

詳しいプロフィールを見る

20回のうちの4回かな、4回か5回が、横からやるときはいいんですけども、それは排尿してきて、それで受けるんですけども。今度、真正面からやるときには、膀胱を痛めないためにということなんでしょうかね、膀胱の中に水を入れるんですよ。で、ちょうど真正面だと膀胱に当たっちゃうからなんでしょうね。で、そのときに、尿道から水を注入されると。それが何か嫌でね(笑)。割と皆さん、嫌がってる人が多かったですけども。

「語ってくれてありがとう!」と思ったらこちらをクリック

あなたのひと言をどうぞ

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#12177 (17) { ["term_id"]=> int(80) ["name"]=> string(39) "放射線療法(外部照射療法)" ["slug"]=> string(10) "gaisyousya" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(80) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(66) ["count"]=> int(24) ["filter"]=> string(3) "raw" ["term_order"]=> string(1) "7" ["cat_ID"]=> int(80) ["category_count"]=> int(24) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(39) "放射線療法(外部照射療法)" ["category_nicename"]=> string(10) "gaisyousya" ["category_parent"]=> int(66) } }
同じテーマの語りを見る