※写真をクリックすると、動画の再生が始まります。

診断時:62歳
インタビュー時:69歳(2008年11月)

北海道在住で、妻と2人暮らし。会社代表として現役で働いている。1998年、がんセンターにPSA検査を自主的に受けにいき、値が高かったので泌尿器科を受診、生検を受けたががんは発見されず肥大と言われた。2000年から2回TUR-P(経尿道的前立腺切除術)を受けたが改善せず、転院を決意。近隣の大学病院で診断され2001年に全摘除術を受けた。術後、値が上昇し始め放射線療法を受け、今はホルモン療法で加療中。

まあ、苦労っちゅうことはなんいですけど。たまたま、小っちゃな会社ですけど、いい部下って言ったらおかしいですけど、いたもんだから、電話ではやりとりしましたけどね。そういう人がちゃんとやってくれたから、無事終わりまして。まあ、(交通事故で)首の(治療で入院した)ときもそうですよね。まあ、終わりました。首の場合は2ヶ月ですから。そのときもその人に任したから、まあ一応、「こうだこうだ」、「どうだ状況は?」ってこう聞いていましたけど。そういう人たちがいたんですよ。それとあと、先ほど言っているように、家族が毎日、見舞いに来てくれたのが、やっぱり、ある程度自分なりの、この励みになったというか。退屈でぼけっとしているよりね、やっぱり、下のほうに行って喋ったりして、わたしのことですから、おしっこが漏れるのに、点滴の「相棒君」をしょってね、カーディガン着てね、構内をブアーッと歩いて(笑)していたんですよ(笑)。そういうぐらいしてね、あれしないと、やっぱり頭おかしくなるから、うん。やっぱり、病室に入っていれば、病人になっちゃうからと思ってね、できるだけもう、今言ったように歩いて、そして、何でもないときには、外に行くというふうに自分でして。一緒に歩いたりしてね…してたんですけどね。それが一番の励みですね。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧