インタビュー時年齢:42歳(2019年10月)
障害の内容:重複障害(視覚障害(全盲)、上下肢の肢体不自由、てんかん、発話障害)
学校と専攻:大学・社会福祉系

九州地方在住の女性。未熟児で生まれ、視覚と下肢の肢体障害、てんかんがあった。また出生時から呼吸器が弱く声が出にくく、20歳頃からは発話はパソコンで行っている。高校までは視覚の特別支援学校で学び、大学は通信制に入学し、社会福祉を学んで社会福祉士の受験資格を取得した。卒業までの期間は15年ほど。32歳頃に先天性股関節不全症があることが分かり、現在は電動車椅子を使用している。

語りの内容(テキストのみ)

思うのは、いろんな人が世の中にいて、それが当たり前になること。それと自分が持ってる価値観とか考え方、習慣、文化が、当たり前なのではなくて、そうじゃない人たちもいて、そうじゃない人たちを、何とかができない人とか、何かが欠けた人とか、そういう目で見るのではなくて、そういう文化を持った人、とか、そういう性質の人っていうふうに受け止めつつ、じゃあ、その人たちが社会の中で生きていけるには、私たちと同じように住みやすい、楽な思いをして、楽しく生きれるようにするには、どうすればいいかを考えてほしいと思います。

そうするためには、やはりいろんな人と接していくことととか、本を読むとかテレビを見るということも大事ですし、想像力を培っていくという教育はとても大事なことだと思います。

私は: です。

(アンケート結果の扱いについては個人情報の取り扱いについてをご覧ください。)

認定 NPO 法人「健康と病いの語りディペックス・ジャパン」では、一緒に活動をしてくださる方
寄付という形で活動をご支援くださる方を常時大募集しています。

ご支援
ご協力ください

モジュール一覧